2005年09月06日

教育システム変化で混乱

ドイツから

 ドイツでは州によって夏休みの時期が違い、ベルリンは八月中旬から新学期が始まっている。今月五歳になる娘は、幼稚園の年長組になる。翌年に小学校に入学する子供たちはこれまで、「フォーシューレ」と呼ばれる未就学児童のための教育施設に入っていた。
続きを読む

sekai_no_1 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

2005年09月05日

動物園に春が来た

ワラビー

1日、オーストラリア・シドニーの動物園で、飼育員の服の下から顔を出した幼いワラビー。南半球にある豪州はこれからが春本番。園内の動物診療所には今、けがをしたり「孤児」になったりした動物の赤ちゃんが運び込まれ、面倒を見るスタッフは大忙しだ(AFP=時事)。

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アジア 

モスクワの大渋滞

ロシアから

 資本主義・民主主義になった元共産国ロシア。昔と比べ「よくなったな」と思うことは多いが、「昔の方がよかったな」と思うこともある。その一つが渋滞の問題。

 ソ連時代、車の供給は限られており外車はなく、ロシア人が車を買うのは一苦労だった。当然いつも道路はガラガラ。
続きを読む

sekai_no_1 at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロシア 

2005年09月03日

結局は3年前と同じ…

韓国から

 「チョーグク(祖国)」「トンイル(統一)」

 真っ赤なTシャツと帽子、白のズボンといういでたちで、スタンドの一角で一糸乱れぬ応援を繰り広げる女子学生たち。すぐ近くに陣取っていた地元の男子高校生らが、「オンニー、ノムイェポヨ(お姉さん、すごくきれいですね)」と叫ぶと笑顔で手を振る……。
続きを読む

2005年09月02日

赤ちゃんパンダの健診

赤ちゃんパンダ

8月30日、ワシントンの米国立動物園で健診を受ける雄のパンダの赤ちゃん。生後7週間が経過し、白と黒の毛並みもしっかりしてきた。体調も良く、元気にすくすくと成長している様子(EPA=時事)。

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


特赦と運転免許の資格

韓国にて

 八月十五日、終戦六十周年を迎えた。韓国では「光復節」と呼ばれ、記念日となっている。この日、四百二十二万人余りに大統領の特赦(特別赦免)が行われた。今回の規模は一九九五年(七百万人)、九八年(五百五十二万人)、二〇〇二年(四百八十万人)に続き歴代四番目だ。
続きを読む

ゲーム感覚の記者会見

タイから

 マスコミ嫌いで有名なタイのタクシン首相はこれまで、何度もマスコミに対し「だんまり」を決め込んできた経緯がある。大体、一、二週間の「取材拒否」を貫いた後には、いつも通りの記者会見に応じるパターンだ。
続きを読む

sekai_no_1 at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アジア 

2005年09月01日

今年も登場、人間の塔

人間の塔

8月30日、スペイン北東部カタルーニャ地方のビリャフランカデルペネデス村に今年もお目見えした「人間の塔」。村の名物となった祭りの2日目、地元グループが自慢の「新作」を披露した(EPA=時事)。

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

移民の国での隣人関係

ブラジルにて

 ブラジルは雑多な移民が和気あいあいと暮らす国。また、日本やヨーロッパへ仕事を見つけて旅立つ人も増加の一方だ。私も気がつけば、最初にこちらを訪れてから九年の歳月が流れ、いよいよ日系移民に近くなってきた。向かいのおばあさんはドイツのフランクフルトから来た人だし、隣の娘さんは逆にスイスでビジネスを始めるなど、何かとても国際的だ。
続きを読む

危ない子供にきついお仕置き

米国から

 日本と同様、米国でも凶悪犯罪の低年齢化に歯止めがかからない状態が続いている。ちょっとした口げんかがもとで、十歳に満たない子供が友人を刺し殺したり、銃で弟を撃ち殺したり。

 この間もカンザス州で、十一歳の男の子が車に乗っていた少年を脅して、その車を盗むという事件が発生した。
続きを読む

2005年08月31日

さながらカエル?

世界沼シュノーケル選手権

29日、英ウェールズのスランウルティドウェルズで開催された「世界沼シュノーケル選手権」に出場し、100メートル先のゴールを目指す男性。選手権には世界中から男女100人以上が参加した。シュノーケルとフリッパー(足ひれ)装着が義務付けられ、主催者側はウエットスーツの着用も奨励している(EPA=時事)。

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

二世週祭の美人パレード


LA二世週祭(美人コンテストの女王たち)
各地の日系人社会から選ばれた美人コンテストの女王たち

LA二世週祭(マツケン・サンバ)
ひときわ人気を集めた「マツケン・サンバ」

 米国最大の日系人フェスティバルである二世ウイークのグランドパレードがこのほど、ロサンゼルス・ダウンタウンの小東京で行われた。
続きを読む

2005年08月30日

ねじれたマンション住み心地は?

ねじれたビル

27日、スウェーデン・マルメにオープンした「ねじれたトルソ(胴部分だけの彫像)」と名付けられた高層マンション。3月にフランス・カンヌで開かれた不動産国際見本市の住宅部門で最優秀賞を射止めた。147世帯が入居可能で、33種類の居室が用意されている。いずれも開放的な間取りと大きな窓で自然光を取り入れているのが特徴とか(EPA=時事)。

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(1)ヨーロッパ 

結婚式前の定番

海での記念写真

初めての「海」で結婚記念写真−中国・青島

 透明度の高い海と風光明媚な海岸線が続く中国山東省青島の海水浴場には、山東省の山間部から初めて海を見に来た新郎新婦らが、結婚記念写真の撮影ツアーで訪れるのが定番となっている。
続きを読む

sekai_no_1 at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アジア 

イスラム教徒の同化

フランスから

 フランス最大規模のパリ郊外エブリーのモスクの長に立つメルン教区長は「フランスの移民適応政策は、成功したことがない」と手厳しく批判している。そのエブリーのモスクに通うモロッコ系移民二世のブライムさん(28)は、昨年、政府が九月から施行した宗教のしるしとなるイスラムのスカーフなどの学校での着用禁止に強く反対してきた。
続きを読む

sekai_no_1 at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 
電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ