2005年08月11日

カードは“もろ刃の剣”

韓国にて

 生活に欠かせない用品としてクレジットカードがありますが、韓国では信用カードと表現しています。

 私が韓国に渡った一九九三年は、信用カードが爆発的に増え始めた時期でした。当時は信用調査は有名無実でカードを発行していました。私もずさんな管理に紛れ込んでカードを作り、それ以来十三年間、便利に使わせていただいています。

 カードを使うメリットとしては、年末調整時に所得控除の対象になることと、現金決済よりカード決済のほうが安くなることがあります。

 ガソリンの給油代金が、0・1−0・5%安くなります。また、映画館や遊園地などの遊興施設が20〜50%割引になったりします。そのほか、有名レストランの食事代を5〜10%引いてくれたりします。

 カード会社が経済規模に比べ多いため、サービスで勝負をし、しのぎを削っているのです。

 ところで、このカード、統計を見ると、経済活動人口一人当たり三・七枚(二〇〇四年九月)です。〇二年が四・二枚ですので減少しています。

 というのも、カードによる自己破産がここ数年で急増、社会問題に発展しているのと、その影響で大手のカード会社が会社再生法の適用を申請するなど、韓国の経済全体が委縮しているのが大きな原因です。

 ある意味、カードはもろ刃の剣だということを自覚して、うまく使わないといけませんね。

(きょん・ソウル在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:31│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ