2005年08月22日

超清潔でゴキブリ退治

ロシアから

 ロシアでは、建物も人もカラスもスズメも何でも大きい。しかし、ロシアにも、日本と比べるとかなり小さい生物がいる。それがゴキブリ。ロシアのゴキブリは、日本より茶色くやせていて、長さも一・五センチくらいしかない。動きもにぶく、飛んだりしない。


 しかし、ロシア人女性にとってゴキブリは、やはり恐怖の対象である。ゴキブリがたまに出ると、普段は夫を尻に敷いているロシア人妻が豹変(ひょうへん)する。「キャー」と叫び、その場から逃げ出し、夫に抱きついて救いを求める。普段は、尊敬されず自尊心をズタズタにされている夫も、この時ばかりは名誉挽回(ばんかい)のチャンス。ぞうきんや新聞でゴキブリを退治し、「俺がいるから大丈夫だ」と妻を抱き締める。

 こんな環境で育ったロシア人女性が、日本に長期滞在すると大変である。ナターシャさんは日本の大学に留学し、寮に住み始めた。前に住んでいた人のせいか部屋は汚く、ロシア人の目から見るとモンスター級のゴキブリがすんでいた。ナターシャさんは、その巨大な生物を見て絶叫。トイレに駆け込み、神様に祈った。

 三十分くらい祈った後、なんとなく勇気が出てきて、大掃除を決行。一日中かかって掃除をしている最中、しばしばゴキブリに遭遇したが、泣きながら歯を食いしばって続けた。彼女は、留学期間中、超清潔を心がけ、ゴキブリは消えた。

 そんな恐怖を通過したナターシャさんだが、人生万事塞翁(さいおう)が馬。帰国後、ロシアのゴキブリが怖くなくなり、自分で退治できるようになった。また、日本語を使える就職先を見つけ、幸せな結婚をした。金銭面でもゴキブリ退治の面でも自立している彼女は、三百六十五日二十四時間、安心して夫を尻に敷いている。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:53│Comments(2)TrackBack(1)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ジャンヌの鍵盤の人  [ ♪ ユ マ ニ テ ♪ ]   2006年03月25日 20:06
あ、kiyoくんのこと、ジャンヌの鍵盤の人って言ったの、Liccaじゃないからね! この人だからね!(笑)そのジャンヌの鍵盤の人のブログへのコメント数が、尋常じゃないと聞いた日から、たまーに覗きに行ってるんですが、、、。 『kiyo風呂』のこの記事。何のことやらさっぱり...

この記事へのコメント

1. Posted by ゴキ   2005年08月22日 18:42
日本には、ゴキブリ退治用のグッズ(スプレー式、団子式、〜ホイホイ等々)も豊富ですが、これってやっぱり日本だけ? ロシアではどうやって退治するんでしょうね。
2. Posted by Shin   2005年09月11日 02:21
タラカーンチック(ゴキブリ)!!ロシアのゴキブリは茶羽根で小さくて、日本のと比べると、まだまだ可愛らしい。
9年程前、モスクワのサンクト・ペテルブルグ駅からトヴェーリ(私はツベルと呼んでいた)に向かうエレクトリーチカ(電車)の中でのこと。老若男女を問わず様々な売り子たちで車内が活気づいていた。
 そんななか、ある若いロシア人男性が、日本人には大変馴染みの深いあるゴキブリ退治用のグッズを、大きな声で懸命に売りさばいていた。
その若い男性は自分が扱う商品につき得意げに2分程あれこれ説明したのち、その商品名をこのように言った。「イーポンスキー・ドーミック(日本人の小さな家!!)」と。
なんと、コキブリ・ホイホイではありませんか!!日本育ちのゴキブリ・ホイホイをその男性は「イーポンスキー・ドーミック」と名づけて売っていたことに「なるほどウマイね。」と笑いながらうなずいたものでした。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ