2005年08月22日

おふくろの味の「食堂」

韓国より

 昼休みの食事は、普通の食堂なら五千ウォン(約五百四十円)前後で食べられる。私の職場近くには食堂が少なく、似たようなメニューですぐに飽きてしまう。


 そんな中、ラーメンで有名な某企業の社員食堂が外部にも開放されていることを知った。そこでは一食三千三百ウォン(約三百六十円)で昼食と夕食が提供される。メニューは日替わりで、三日分ほど掲示されていて、行く日を選ぶこともできる。またバイキング式なので、食べる量も調整できる。

 しばらくはこれで満足していたが、あまりにも多くの人が集まるので、だんだん落ち着かなくなってきた。

 そんなとき、同僚が別の食堂を紹介してくれた。その店は、普段はキンパプ(のり巻き)やラーメンなどを売る店なのだが、昼に限って日替わりの特別メニューがある。極めて家庭的な料理で、調味料もほとんど使わない。まさに韓国のおふくろの味だ。

 暑い日には、普段は消しているエアコンを私たちのためだけにつけてくれ、ご飯もたくさん盛ってくれる。毎回「足りないものはない?」とおばさんが聞いてくる。

 ここは、知る人ぞ知る食堂なので、時間も節約でき、安くておいしいし、言うことなしだ。時には、数日前からリクエストしておけば、それを作ってくれたりもする。大満足の秘密食堂、値段も満足の三千五百ウォン(約三百八十円)也。

(Won・ソウル在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 17:19│Comments(2)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カレー好き   2005年08月22日 18:34
きのう、韓国人とカレーを食べながら聞いたんですけど、韓国ってカレーをあまり食べないそうですね。甘くて美味しくないとか。だから韓国の子供もカレー好きではないそうで。日本のカレーは、安いレトルトでもすごく美味しいと言ってましたが、ほんとかな?
2. Posted by Netseoul   2005年08月29日 16:25
日本のカレーは韓国でも人気あります。わたしの日本出張のおみやげは大抵カレー。こちらの人も一度日本のカレーを食べると韓国のカレーでは満足できないようですよ。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ