2005年10月13日

恋しい日本のハンバーガー

米国から

 ワシントンに赴任してから外食する回数が大幅に減った。理由は単純。味がイマイチなのである。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 もちろん、それなりのお金を出し、少々遠くまで足を運べば、満足のいく店はある。だが、「手軽でおいしい店」となると意外に少ないという印象を受けている。

 記者の世代は小さいころから、マクドナルドなどが身近にあり、米国的な食文化には慣れ親しんできた。むしろ、あこがれさえ抱いていたといっていい。だが、こちらに来て、そのあこがれは完全に崩れ去ってしまった。

 最も幻滅したのは、米国の“国民食”であるハンバーガー。日本にいたときはバーガーキング(今は日本から撤退)がお気に入りだったのだが、米国のバーガーキングは日本で食べたものとはだいぶ違う。肉にジューシー感がなく、何より塩辛い。野菜にも新鮮さがない。

 そう感じているのは自分だけではなく、韓国人の友人も、以前は好きだったハンバーガーが、米国に来てから「塩味が強すぎて食べられなくなってしまった」と嘆いている。

 日本でもなじみの米国系ファストフード店やレストランでは、日米の味に大きな違いはないだろうと思い込んでいたのだが、さにあらず。実際は日本人向けに格段に味を改善させていたことが、今になって分かった。

 一方、日本では、一個最大千円もするモスバーガーの「匠味」バーガーが絶品だとか。他国の食べ物を最高レベルにまでアレンジ、洗練させてしまう日本人の器用さ、こだわりに改めて恐れ入ってしまう。

 今度日本に帰るときは、奮発して「匠味」バーガーを食べてみよう。米国にいながら日本のハンバーガーが恋しくなるというのは、ちょっと変な気分。

(H)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by moca   2005年10月13日 11:28
私も以前アメリカに住んでいました。
私はin and out burger や fat burgerが好きです。
2. Posted by 蚊め!   2005年10月13日 13:31
 NY州の高速道路のサービスエリアで食べたワッパーは変わらなかったけどなあ…。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ