2005年10月15日

わが町内の親日派

韓国から

 「ナンバー1487の車の持ち主ですね。ちょっと来てくれないかな」

 仕事を終えて自宅でくつろいでいた時、携帯に電話が掛かってきた。フロントガラス越しに見える私の携帯番号の書かれたステッカーを確かめて電話をしてきたようだ。何事か、と思いながら車を止めてある路地に出てみると、時々見掛ける中年男性が立っていた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 話を聞いてみると、数日前、自分の車に傷が付いていることが分かったが、傷の位置と色からして「あなたの車が怪しい」というものだった。しかしそれでいて「別にあなたに文句が言いたいわけじゃない」。何か変だな、と思っていると、男性は身を寄せて次のように話してきた。

 「あなた日本人? 実は僕も母が日本人なんです。福岡出身の。時々お子さんたちが日本語で話すのが聞こえてくるので、そうじゃないかなあと思っていたんです」

 親戚(しんせき)が日本にいるため、毎年のように日本に行くという。ひととき日本にまつわる話に花が咲き、「カレーのルーは日本のが最高だね。韓国のはまずくて食べられない」と食生活の話にまで至った。

 「何だ。電話をしたのは、私と話がしたかったからなんだ」と気付くまで、そう時間はかからなかった。韓国人には照れくささを隠すため、わざとこんなふうに近づこうというところがある。

 領土問題や歴史認識などで一時、日韓関係が相当ぎくしゃくした今年だが、わが町内には「日本人と親しくなりたい韓国人」がいる。五十年前、大阪の韓国総領事館で働いていた時、何人もの日本人と親しくなったという下の階のハルモニ(おばあさん)の話は、また別の機会にしようと思う。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:36│Comments(4)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蚊め!   2005年10月15日 22:14
 面白いお話ですね。楽しく読ませていただきました。こういうほのぼのとした話もっと読みたいです。
2. Posted by itochan   2005年10月16日 11:41
同じくほのぼの ;)
3. Posted by 三毛熊   2005年10月21日 10:38
韓国旅行へは何回か行きまして、観光客があまり行かないような店に入ったりもするんですが、店の方はみんな親切にしてくれます。ものめずらしそうに見られることもありますが、言葉が通じないながら話が盛り上がったりも。
韓国人の日本嫌いはひとつの側面に過ぎず、友好関係を気づきたいと思う一面もしっかり存在してるんだ、と記事を読んで改めて思いました(^^)
4. Posted by 世界おもしろニュース管理人N   2005年10月21日 13:45
蚊め!さん、itochanさん、三毛熊さん、コメントありがとうございます。今後とも暖かいコメントお待ちしております。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ