2005年10月28日

ペットと共生する社会

中国にて

 ペットを飼っている人は、ペットが人間の生活に計り知れない喜びを与えてくれることを感じたことがあるだろう。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 現在、香港では約十五万匹の猫と十二万匹の犬がペットとして飼われている。捨てられて保護されている動物の数は犬が百八十匹、猫が七十匹、他の動物が約二、三十匹だ。

 飼い主のほとんどの家庭は小さなアパートに住み、散歩に連れて出るにしても、交通量が激しいところでは危険で出られない。過去、多くの犬が車にはねられたこともあって、ペットは小さな家に一日中置かれている状態だ。交通量の少ない所でも、ブロックを一回り散歩させることができるくらいだ。

 また、保護遺棄動物協会は「香港では子供の出生率が下降している半面、ペットを持つ家庭が増えている。多分、犬の数の方が幼児の数より多いかもしれない。政府は飼い主の状況把握やペットの施設づくりに積極的ではない」と報告している。

 同協会では、「ペットに必要な施設の最新化」と動物保護団体が政府に強く要求する「ペットのための公園づくり」を民健聯(政治団体)を通して政府にアピールし、特に「公園づくり」実現のため、住民に署名を求めるキャンペーンを十一月から始める予定だ。

 「ペットのための公園づくり」の要求は、広い公園全部ではなく、一部をペットのために開放してもらいたいと訴えている。

(下根 森・香港在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ



sekai_no_1 at 13:01│Comments(2)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蚊め!   2005年11月02日 08:01
 モラルさえよければ公園の一部を解放してもいいかもね
2. Posted by そよ風君   2005年11月06日 20:06
日本でもドッグランの施設がもっと身近に増えてくれればいいのにと思います。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ