2005年10月31日

トイレ事情の悪さ

ロシアから

 モスクワに住むロシア人が、お出掛け前に気を付けている二つのことがある。一つは、出掛ける前にコカ・コーラやコーヒーをがぶ飲みしないこと。もう一つは、出掛ける直前にトイレに行くこと。なぜか?

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 モスクワ市には、非常に素晴らしい地下鉄がある。一回の料金は一律五十円。隣の駅まで行っても、モスクワの端から端まで行っても料金は同じ。ところが驚いたことに、地下鉄内にトイレがないのである。もちろん従業員用にはあるはずなのだが、一般人は、それがどこにあるのか教えてもらえない。自動車移動でも、事情は変わらない。モスクワは、東京以上に渋滞がひどいのだ。

 途中でトイレに行きたくなった日には、大変である。中心街なら、マクドナルドやデパートに入ればいい。しかし、少し中心を外れると、トイレを貸してくれるお店などないのである。だからといって、一応大都市で人通りが多いため、その辺で済ませるというわけにもいかない。

 モスクワ市も最近、「トイレ事情の悪さは、市の大問題」であることに気が付き始めた。そして、駅のすぐ横に公衆トイレを設置し始めている。しかし、その数はまだ圧倒的に少ない。さらに、公衆トイレはくみ取り式で、日本人にとっては、カルチャーショックを受けるほど汚い。

 「一度家を出たら、トイレはないと思え!」。これは、モスクワ市民の常識。そこで彼らは、「出掛ける前に飲むな!」「出掛ける直前にトイレに行け!」を、老若男女を問わず実践している。

 皆さんもモスクワを旅行される際には、このことを忘れないでいただきたい。トイレに行きたくても行けないとき、クレムリンや赤の広場の美しさに感動する余裕はないのである。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 09:03│Comments(5)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蚊め!   2005年10月31日 22:31
 スッゴク面白い話だけど、当事者にとっては深刻ですね。日本がODAで1200箇所くらいトイレ建設してあげたら、さすがのロシア人も感謝するかもね。
2. Posted by 浦野真弓   2005年11月04日 06:27
ソ連邦崩壊寸前の15年前の年末年始、旅行をしましたが、その時、現地の友人が連れて行ってくれたレストランのトイレの女性用のドアをあけて、個室の間仕切りがなく、穴が並んでいるのにショック。その時、使用中のおば様と目があって、とっさにユーターン。今でも、こんなトイレあるのでしょうか。
3. Posted by アーサー   2005年11月04日 10:14
今から40年前にモスクワ、サンクト・ペテルブルグ(当時、レニングラード)を旅行したときとまったく変わっていないのに驚きました。やはり独裁が長く続いたため、政府機関、役所を批判するのは未だにタブーなのかもしれない。自由主義の世界の良さを改めて痛感します。批判のないところ進歩がないことを実証しています。
4. Posted by 村上うぱ   2005年11月04日 11:26
実はクレムリン宮殿のゲートを入る前、左折して地下にもぐると無料の公衆トイレがありました(2000年当時)。目立たないところだったので旅行者の方はわからないかも。便座も紙もなくとても汚かったけど、無料。少々のことは我慢するわよって感じでロシアの人はそこを使っていましたよ。
5. Posted by 管理人N   2005年11月08日 01:56
みなさん、コメントをどうもありがとうございます。これも一種の「サプライズ」ですねー。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ