2005年11月11日

携帯電話会社の裏事情

韓国にて

 休みに韓国の“秋葉原”、龍山電子商店街に出掛け、携帯電話の販売店を何軒か回る機会があったが、そこの店員たちから面白い裏の話を聞くことができた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 韓国の携帯電話は高い。カメラ付き携帯電話は二十万ウォン(一ウォンは約〇・一一円)以上する。最近人気のDMBフォン(モバイル放送受信機能付き携帯電話)や、画素数の高いカメラ付き携帯電話などだと最低は五十万ウォン、最高は百万ウォンぐらいのものまである。高価でも、携帯は一年半〜二年程度で買い換える割合がかなり高いという。

 さまざまな裏手口があるが、例えば定価八十九万ウォンの携帯を五十九万ウォンで購入する場合、八十九万ウォンの定価で分割を組み、差額の三十万ウォンは翌月末に顧客の銀行口座に振り込まれる。この方法を使うと見かけ上、定価販売の十八カ月分割払いとして処理され、取り締まりの目を欺けるという。

 携帯電話が高価なため、各携帯電話会社では購入費の一部を立て替える携帯電話補助金を裏で支給している。もちろん表向きは補助金は不法で、携帯電話会社は一定期間の営業停止や多額の罰金を支払っている。

 「携帯電話の補助金は絶対になくならない。罰金を支払ってでも顧客を確保した方が携帯会社にとってもトクだからね」と、ある店の店員は語ってくれた。取り締まりと裏手口、いたちごっこに終わりはなさそうだ。

(Netseoul・ソウル在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 12:56│Comments(2)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by smz   2005年11月11日 16:56
日本で普通に行われている部分が韓国では違法なんですね。
2. Posted by 管理人N   2005年11月11日 22:25
smzさん、こんばんは。国ごとに微妙な違いがあるようですね。これからもヨロシクお願いいたします。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ