2005年11月19日

マイウェイは危険な歌?

フィリピンから

 フィリピンに来てカラオケに繰り出す人も多いと思うが、よほど歌唱力に自信が無い限り「マイウェイ」を歌うのはやめた方がよさそうだ。このところ、この歌が原因の殺人事件が相次いでいる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 フランク・シナトラの名曲が絡む殺人事件と聞いてミステリアスな展開を想像するかもしれないが、直情的な国民性のせいか、この国の事件は分かりやすいものが多い。

 「マイウェイ殺人事件」の展開はいつも同じで、飲み屋のカラオケであまりにヘタクソなマイウェイに激怒した客が歌っていた人を殺害するというもの。

 何だか都市伝説のような話だが、記者が記憶しているだけでも今年に入って三回は「マイウェイ殺人事件」があったし、テレビのコメディー番組で何度もネタにされていたくらいだから事実なのは間違いないようだ。

 最近も現地英字紙がセブ市の男性がマイウェイを歌って周囲の客をうんざりさせた揚げ句マイクを独占し続け、怒った客に鉄棒で突き刺され死亡した事件を伝えた。

 同報道ではマイウェイが高い歌唱力を必要とするとした上で、未熟な歌手が歌うとリスナーの嘲笑(ちょうしょう)を浴びやすく、トラブルの原因になりやすいと分析した。

 取りあえず、この国ではどこで起きるか分からないテロよりも、カラオケでマイウェイを歌うことの方が、はるかに危険といえそうだ。

 もし身近にフィリピンを訪れる人がいたら「マイウェイだけはやめておけ」と一言忠告した方がいいかもしれない。フィリピン人は歌がうまい人が多いから、自信過剰は禁物だ。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:47│Comments(1)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蚊め!   2005年11月19日 19:37
 事実は小説より奇なり。日本の推理作家は誰も思いつかなかっただろうな。「マイウェイ殺人事件」なんて…。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ