2005年11月26日

ドイツのお盆「万聖節」

ドイツにて

 クリスマスは世界的に有名だが、キリスト教が盛んなドイツでは、そのほかにもいろいろな宗教的行事が行われる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 十一月一日はアラハイリゲン「万聖節」と言い、カトリックの祝日で、殉教した聖人たちをしのぶ日である。ドイツ全国ではないが、私の住むノルドラインウエストファーレン州も祝日となる。

 翌二日はアラゼーレン「万霊節」と言い、一般の先祖の霊が訪れると考えられている。その日は平日なので、前日の祝日に礼拝が行われ、聖人だけでなく、先祖のためにも神父が墓地を回り聖水で祝福してくれる。

 各家庭には聖壇があり、先祖を敬う仏教とは違い、信仰の対象は神とキリストである。日ごろ先祖のことなど考えていないかのようなドイツ人だが、この時には墓地をきれいに掃除し、花を飾り、ローソクをともす。日本のお盆と似ている。

 秋も深まり、気温が下がるこの時期、飾られる花は、長持ちするようにドライフラワーや針葉樹の葉が主である。

 アウトバーンを飛ばしても一時間以上かかるので、家内の両親の墓参りに行くことはあまりないが、この日は毎年訪れる。今年は直前に週末があったので、前もって掃除に行った。
 暗くなってくると墓石に刻まれた名前も読めなくなり、目的の墓地を捜すのに時間がかかってしまった。人影がなくひっそりと静まり返り、ただ赤いローソクの灯だけが揺れていた。

(カズ・独ノイス在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:21│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ