2005年12月22日

ES細胞研究で“激震”

韓国にて

 今、韓国で最大の関心事は、“黄教授はうそをついているのか”という点だ。黄教授とは、米国のサイエンス誌に掲載された「患者に合わせた型のES細胞」論文により、韓国内で国民的英雄扱いを受けている黄禹錫ソウル大教授のことだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 最近彼の論文が韓国MBCテレビの番組で、論文の真偽が取りざたされてから、ES細胞の有無に関心が持たれていたが、論文の共同著者である盧聖一ミズメディ病院理事長が幹細胞の存在に対して疑問を提起したことで、韓国中が衝撃の渦に巻き込まれたのだ。

 それは盧理事長が、ES細胞は最初から存在しなかったと黄教授をペテン師扱いにしたからだ。彼の記者会見で、黄教授の信用は地に落ちてしまっただけでなく、彼を信じてきた国民の大半が大きな衝撃を受けた。

 盧理事長の記者会見後、国民の大半が「信じられない」「まさか教授が…。うそであってほしい」という反応と、裏切られたという反応に二分された。翌日行われた黄教授の記者会見が盧理事長の主張を全面的に否定する内容であったため、問題の焦点が「誰がうそをついているのか」に変わってしまった。真実はまだ解明されていない。

 しかし、二人の中で一人は国民を前に平気でうそをついていることになり、どっちにしろ、国民が受けるショックは計り知れないものになった。

(志田康彦・京畿道九里市在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50352307
この記事へのトラックバック
色々教えてくれた♪こんどサイトも教えてくれるって行ったので楽しみだなァヽ(゚∀。)ノ
パソコンやってたらメル友が出来た☆【やったぁ☆】at 2005年12月22日 14:29
『日々日常』本サイト 人気blogランキングへ (以下引用) 『ES細胞論文は捏造ソウル大調査委「国民に謝罪」黄教授辞意』 【ソウル=久保田るり子】韓国ソウル大の黄禹錫(フアンウソク)教授によるヒトクローン胚(はい)から作った胚性幹細胞(ES細胞)をめ....
ES細胞捏造問題?大したことない【『日々日常』〜ブログページ】at 2005年12月24日 14:13