2006年02月09日

日本と違う婚約の概念

エジプトにて

 春が近づくにつれ、若い男女の婚約話や、結婚話をあちこちで聞く。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 友人が娘の婚約の件で相談を持ちかけてきた。彼の娘はカイロ市内の有名大学の一年生で、十八歳。彼ら夫婦は早すぎると言って反対したのだが、娘はすでに心が動いており、説得が難しそうだった。

 今エジプトでは若者、特に男性側の結婚が困難な状況にある。イスラム法で、男性が住居の準備や結婚後の生活費などを全面的に責任を持つことになっている。低給料では出稼ぎなどで蓄財した後でないと、妻を迎えられず、三十−四十歳で結婚というのがザラだ。

 大学は男女共学で、自然に恋愛カップルができるのだが、イスラム法を固く守る女性には、結婚前の関係は好ましくないばかりか、付き合うこと自体が両親の公認の下でありたいとの願いから、婚約した後に付き合い始めることが多い。

 友人の娘はそのタイプで、両親に秘密の恋愛はしたくないとの考えを持っている。ただ、周りではカップルができて刺激も強く、とにかく婚約できる人が欲しいとの本音もあるようだ。婚約がそういう状況で成り立つことから、付き合った後、お互いいろいろな欠点が分かり、破棄するケースも大変多い。

 婚約をした知人の結婚式に参加したら、別の相手との結婚式だったことがある。文化や習慣の違いに気付く瞬間でもある。

(S・カイロ在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 今日の評価対象  [ 使える便利サイト紹介 ]   2006年02月09日 15:05
今回評価するのはココ! 管理人のもとに届いた一通のメール。 それはありがちな広告メールだったので消そうと思ったが気がついた。 「これを評価してみようと・・・」 <p><a href="http://porte.tv/?pa111" target="_blank">【ポルテ】</a> まず内容をチェック。 地味...

この記事へのコメント

1. Posted by itochan   2006年02月11日 18:12
結婚を前提としたおつきあい…以外を考えていないってことなのかな。
まあ、婚約を破棄できるのならそう大きな問題はないと思いますが。

婚約しないで長年同棲(ドイツでしたっけ?)と較べて、
どっちがより良いシステムなんでしょうね?

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ