2006年02月17日

長い冬休み 三学期なし

韓国にて

 韓国の新学期は三月一日から始まる。一学期は七月中旬までなので、この期間が一年中でいちばん長いことになる。夏休みは日本より少し早めの八月二十日ごろに終わる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 二学期は十二月二十日まであり、こちらは日本とほぼ同じ長さであるといえよう。そして、長い冬休みに入る。寒い国なので、学校の暖房費を節約したい意図もあるのかもしれない。

 さて、その冬休みは、二月の初旬に一応終わり、子供たちは始業式らしきものを迎える。その日からわずか三日から五日の授業があるが、それも午前のみ。それで、最近は昼すぎに下校する子供たちを多く見かける。

 しかし、大抵そのうちの一日は卒業式が入る。だから、ほんの顔出し程度に学校に行っていることになる。そして一週間もたたずに、再び春休みに入る。

 子供たちに聞いてみたところ、この数日間を三学期とも呼ばず、特別な名前も付いていないという。

 日本統治下のときは四月から新学期であったが、これが一九六一年八月十二日に法律で定められ、翌年の学期制度が三月一日からとなった。

 しかし、最近の議論では、欧米のように九月から新学期にすることも検討されている。そうなったら大混乱となるだろう。

 いずれにしても、このごろ家でゴロゴロしている子供たちの生活習慣をただしていくのが大変だ。

(Won・ソウル在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50408627