2006年02月23日

タイタニックにみる国民の感性

フィリピンから

 世界中を泣かせた名作映画タイタニック。ラブストーリー好きのフィリピン人にも大人気で何度も再放送されるほどだが、悲しいはずのクライマックスシーンで笑うフィリピン人が後を絶たない。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 沈没するタイタニックから極寒の海に投げ出されたジャックとローズ。寒さに凍えながらも互いを心配する姿は人々の涙を誘う。しかし、こんな感動的な場面にもかかわらず、口がかじかんでロレツが回らないジャックの挙動がフィリピン人にとってはおかしくて仕方がないのだ。

 先日もバスに乗るとタイタニックのビデオが上映されていて、ひとりの女性客がメソメソ泣きながら見入っていたが、やっぱりこの場面になると友達と顔を見合わせニヤニヤ笑っていた。

 年間平均気温が約二七度というこの国では「凍える」という極限状態は理解不能の世界だ。東北育ちの記者が口を酸っぱくして説明したところで理解させるのは難しい。

 しかし先日、そんなフィリピン人に寒さを思い知らせる画期的な施設を発見した。首都圏のパサイ市の遊園地にある「アイスパレス」というアトラクションだ。百聞は一見にしかず、ということで早速フィリピン人を連れて行ってきた。

 氷の彫刻が並ぶ冷凍庫内は息が白くなるほどの寒さだ。一緒に行ったフィリピン人は生まれて初めて経験する氷点下に悲鳴を上げ、あまりの冷気に咳き込むほど。

 しかしながら、施設の規模が小さく極寒体験は数分で終了、ジャックのようにガクガクに震えることはなかったが、それでも冬の寒さを少しは理解できたようだった。

 寒さに弱く、暑さも苦手なフィリピン人。季節にメリハリのある日本は本当に素晴らしいと感じる。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50413398
この記事へのコメント
 なかなか面白いコラムでした。しかも実体験に基づいているだけであってよかったです。
Posted by 蚊め! at 2006年02月23日 13:20
なるほど!たしかに経験したことがなければ分かりませんもんね。
Posted by みや at 2006年02月24日 02:34
凍える体験が無いフィリピン人同様に、熱帯・亜熱帯地方の国で「タイタニック」が上映されると同じような現象が見られるのでしょうか?
お国柄が映画の鑑賞態度にも表れるということですね。
Posted by AI at 2006年02月24日 10:57
蚊め!さん、みやさん、AIさん、コメントありがとうございます。
何事も実体験するということは、大事だということでしょうか?また遊びに来てくださいね。
Posted by 世界おもしろニュース管理人N at 2006年02月28日 13:40