2006年04月03日

ソ連タイプの店

ロシアから

 ロシアといえば、一昔前まで物不足だった。今は、物が有り余り、スーパーがあらゆる所にでき、熾烈(しれつ)な競争を繰り広げている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 しかし、筆者の家の近所には、ソ連時代そのままの店が一軒だけ残っている。どういう話かというと、スーパーは広い敷地を必要とする。そのため住宅が密集している地域に巨大スーパーを建てることは難しいのだ。その店はアパートの一階にソ連時代からあり、名前も付いていない。客層は、最寄りのスーパーまで歩いて行くのがしんどい高齢者。もちろん、ニッチ(すき間産業)を狙ったわけではなく、たまたまそうなったのだが。

 店に入ると、日本の平均的コンビニの倍くらいあり結構広い。しかし、日本と違うのは、品物がすべて四方の壁側に並んでいること。当然、真ん中の90%くらいは、何もない空間。そして、壁際にある商品も、店員さんに頼まなければ手に取ることができない。

 スーパーと違い込み合うこともないので、日本のコンビニのようにレジを一つにすれば店員は二人で済みそう。しかし、四方の壁側にそれぞれレジがあるため、店員が八人いる。これは失業者がいない社会主義の名残か。

 八人いればいつでも迅速な対応かというと、そうでもない。店員のおばさんたちも、お茶を飲んだり、たばこを吸わなければならない。当然休憩中はおしゃべりもしたい。そこで、二、三人一気にいなくなる。しかも、しばしば。

 こんないいかげんな店だが、お客さんたちは文句一つ言わない。むしろ「ここに来ると昔を思い出すな〜」といった感じで、店員さんがたばこから帰ってくるのを待っている。ソ連式の店は、資本主義のスピードについていけないお年寄りの癒やしの空間なのだ。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:34│Comments(2)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by N   2006年05月10日 14:53
凄く納得しました。 私も旅行のトランジットでモスクワ空港に四時間ほどいたのですが、印象は「氷のように冷たい国。」だったからです。物を買ってもくすりとも笑わない。お礼を言っても無表情。場所を尋ねたら怒る。などなど もちろんロシア全ての人がそうでないとは思いますが、名残なら仕方ない。その国が歩んで来た歴史なのならば・・・
2. Posted by N   2006年05月10日 14:54
凄く納得しました。 私も旅行のトランジットでモスクワ空港に四時間ほどいたのですが、印象は「氷のように冷たい国。」だったからです。物を買ってもくすりとも笑わない。お礼を言っても無表情。場所を尋ねたら怒る。などなど もちろんロシア全ての人がそうでないとは思いますが、名残なら仕方ない。その国が歩んで来た歴史なのならば・・・

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ