2006年04月06日

人口抑制問題抱える政府

エジプトにて

 エジプトでは急激な人口増加による問題が至る所で発生している。代表的な問題は、若者の就職難で、優秀な大学を卒業した学生でも、サウジアラビアなどの産油国に出稼ぎに行き、結婚費用を稼がねばならないことだ。住宅建設が人口増加に追いつかず、住居費が高騰し、ある程度の財産を蓄えてからでないと結婚することができない。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 このことから、結婚年齢が上昇傾向にある。特に男性は、イスラム法で結婚のための住居を準備し、生活費を全額負担するように定められており、四十歳代でやっと結婚できるという人も少なくない。従って、四十歳代の男性と二十歳代の女性の結婚も珍しいことではなく、親子かと間違えられそうなカップルも多く見掛ける。

 失業率が高く、無職でいるよりはタクシーの運転手でもと考える若者も多く、過剰な台数のタクシーが市中を走り回り、客の奪い合いと、排ガスや騒音の公害をまき散らしている。

 人口増加を抑制したい政府は、出産を制限するため、家族計画の法案を準備している。それに対し、イスラム教スンニ派の総本山アズハルのタンタウィ総長は三月初旬、政府の家族計画に反対の意向を表明した。イスラム法は各家庭が、経済力などの事情で、子供の数を制限することは許可しているが、政府などの家庭以外の組織が家族計画に介入することは許されないとの立場だ。

 しばらくホットな論争が続きそうだ。

(S・カイロ在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by itochan   2006年04月11日 18:39
あれ?
その「過剰な台数のタクシー」には料金メーターがついてますか?

普通過剰競争なら値崩れが起きると思うんですけど…

料金は下がってますか、それとも上がってます?
2. Posted by    2006年04月17日 02:27
うわw
地球温暖化の原因に…!? (;´∀`)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ