2006年04月07日

清潔習慣

フィリピンから

 まず、フィリピン人にとってシャワーを浴びずに外出することは考えられない。朝、水不足でシャワーが使えないという理由で、外出の予定を変えることも少なくない。さすがに会社を休む人はいないと思うが、それほど朝のシャワーは欠かせないものなのだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 髪は自然乾燥が基本なので、男女共に手間が掛からないシンプルなヘアスタイルが好まれる。若者でも髪を染めたりパーマをかける人は少数派だ。長い髪の女性は髪が濡れたまま出勤し、そのまま仕事を始める。水が滴る髪は朝の風物詩みたいなもので、シャツが濡れていても誰も気にしない。

 ちなみにドライヤーを使うのは美容室と相場が決っており、男性が使うとかなり滑稽(こっけい)に見えるようだ。最悪の場合、オカマと間違われる。

 こんな感じで、この国では不潔と思われないためには朝のシャワーが最低限のマナーと言えるだろう。特に朝シャンが常識となっているせいか、ちょっとした寝ぐせでも、かなりみっともないと思われるようだ。実際、この国で寝ぐせのまま外を歩いているのは、浮浪者ぐらいなものだった。

 そんなきれい好きなフィリピン人がよく持ち歩くアイテムがベビーパウダーだ。汗と体臭を抑えるために老若男女を問わずにとてもよく使う。女性はファウンデーションの代わりに顔に塗る人も多い。肌のベタつきを取るだけでなく肌も白く見えるから一石二鳥というわけだ。なにしろスーパーの売り場の一角にはベビーパウダー専用の棚があるほどで、庶民の生活には欠かせないものとなっている。

 このような、フィリピン人のとてもきれい好きな一面に驚く人が多い一方で、公共に場にその潔癖さがまったく反映されないことに首をひねる人も少なくない。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:33│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ