2006年04月20日

すし屋はデートスポット

ロシアにて

 先日、ロシア人の友人とすしを食べに行くと、平日だというのに客でいっぱいだった。ここは手ごろな店だが、二人で軽く食べて七十ドルぐらいかかる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 モスクワのすし屋は数年前の数字で約百五十店、今ではその二、三倍はあるだろう。モスクワの平均所得は五百ドル程度だが、すし屋で食事ができる層も相当に増えてきたことが分かる。

 モスクワでは「女の子を口説くならすし屋」ともいわれ、デートスポットとして人気がある。以前、郊外電車で出会ったヤクート人の大学生イーゴリ君(19)が、彼女をすし屋に連れて行った話をしてくれた。

 ヤクート人はモンゴル系で、日本人ともよく似ている。同郷の大学生仲間のグループで来ていたイーゴリ君は、私と目が合うと、こちらの席にやってきた。いろいろと話をするうちに、仲間の女の子を目で示しながら、こう言ってきた。

 「実はオレはあの子が好きで、すし屋にデートに誘ったことがあるんだ。でも、結局振り向いてはもらえなかった。メシ代は二人で百ドルかかって、今月の食費が飛んでしまった。今はパンと水だけの生活なんだ」

 イガグリ頭で人懐っこい表情のイーゴリ君は、そう言いながらニコニコと笑っていた。

 モスクワのすし屋は繁盛しているが、まだまだ多くの人には高価である。もしかしたら今この店にも、イーゴリ君のような若者が来ているかもしれない。

(O・モスクワ在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:20│Comments(1)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by トト子   2006年04月23日 03:09
3 どこの国も一緒だなぁと…(笑)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ