2006年04月27日

日本の中古書店が上陸

韓国にて

 長年韓国に住んでいると、時々日本の本が読みたくなる。以前は、年に一、二度日本に行くので、リストアップして買っていた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 去年初めて日本でフランチャイズのリサイクル書店を見つけたが、必ずしも欲しい本があるとは限らない。どうしても欲しい本があれば、多少高くとも韓国内の大型書店やインターネットで注文している。

 ある日、友人が日本のその書店がソウル駅前にオープンしたと知らせてくれた。ちょうど職場から歩いてすぐの所にあるので、行ってみた。場所はソウル駅の十一番出口のビルの一階だ。

 看板もチラシも日本語で書いてあり、いきなり店員が日本語で「いらっしゃいませ!」と言うのにはビックリした。スタッフは日本人と韓国人がいて、韓国人の日本語もうまい。

 大型書店ほどではないが、約四万冊あるという。置いてある漫画、雑誌、小説、文庫本、新書、ビジネス書、美術書、実用書、児童書はすべて日本語。しばらくいると、韓国にいながら日本にいるような錯覚に陥る。

 結構きれいな本でも二千ウォン(二百円)均一のコーナーにあった。ハードカバーは八千ウォンからある。

 今後、韓国内に眠っている日本の本がここに集まるわけだが、韓国に住む日本人たちは大喜びしている。

 ソウルに旅行に来られるときは、ぜひ良い本を置いていってほしい。

(Won・ソウル在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:13│Comments(5)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蚊め!   2006年04月28日 01:11
ホワイトプレーンズにも似たような日本の中古書店がありました。
スタッフも日本人で、完璧な日本語。すべておいてある本は日本語の本、漫画、辞書など…。
 一瞬、「私は日本に帰ったのか?」と錯覚するほどでした。
2. Posted by ウィーホーケン   2006年04月28日 13:38
 ところで「蚊め!」さん、あなたはNYのどこら辺にお住まいですか。私は“かつて”NJのウィーホーケンに住んでおりました。いまは日本ですが。
 以前のヤオハンには「喫茶店」があり、座るとまず水が出てきて、スポーツ新聞とマンガ雑誌が置かれて、それはもう、日本の心地いい喫茶店そのものでしたが、いまはあるのでしょうか? 懐かしいです。
3. Posted by 蚊め!   2006年05月02日 03:52
 私が住んでいるのは、ミッドハドソンと呼ばれているところらしいです。でも時々ウエストチェスターまでは降りていきます。
4. Posted by ウィーホーケン   2006年05月03日 09:49
蚊め!さん、それじゃハドソンラインをご利用ですか? 車だと9Eで。
5. Posted by 蚊め!   2006年05月03日 15:51
ええ、ハドソンラインはよく知ってます。車は…9GかR87ですね。もっとも車も免許もまだですけど。NJはスルーウェイで通過するだけが多いですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ