2006年05月01日

夏の到来告げるスイカ

エジプトから

 エジプトにスイカの季節がやってきた。八百屋や果物屋の店頭でかなりのスペースが割かれて並べられている。値段はこの時期の例年並みのキロ当たりわずか二・五ポンド(約五十円)。手ごろの大きさでも一個十三ポンド(約二百六十円)で買える。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 スイカが店頭に並ぶのを見て、本格的な夏がやってきたことを実感する。ハムシーン(砂嵐)がほぼ終わり、今後は真夏の太陽が照り付ける日々が連日続くのだ。

 海の好きな人、泳ぐことが好きな人にとって、エジプトは天国のような所だ。まず、ほぼ毎日が快晴ということがありがたい。泳げる環境の一つがいつでも満たされている。首都カイロから海までは、地中海のアレクサンドリアや紅海のスエズなどは車で二時間強圏内だ。もう少し足を延ばせば、湖のようになだらかな海面をたたえる紅海沿岸沿いのビーチで泳げる。遠浅で、海水がきれいで、広々とした空間で楽しめる。ただ、きれいな珊瑚(さんご)礁や、色鮮やかな熱帯魚群に出会うには、シャルムエルシェイクやダハブ、ハルガダなど、カイロから五、六時間かかる所に出掛けなければならないから、最低一泊が必要だ。もちろん、飛行機を利用すれば、丸一日楽しんで日帰りができる。

 さらに素晴らしいのは、ダハブからイスラエルとの国境の町タバに至る紅海沿いに点在するビーチ群だ。手ごろな砂浜が珊瑚や熱帯魚と共にそのまま転がっている。電気と真水が極端に少ない中で、原始生活を体験しながら、自然そのままのビーチ生活ができるようになっている。

 もう少しすれば、マンゴーが出回るようになる。マンゴーなど各種生ジュースをグラス一杯一・五ポンド(約三十円)で飲めるのもありがたい。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50499494
この記事へのコメント
もう少しすれば、マンゴーが出回るようになる。マンゴーなど各種生ジュースをグラス一杯一・五ポンド(約三十円)で飲めるのもありがたい
いいですねえ。某USAは水ですら50セント以上掛かるというのに…。
Posted by 蚊め! at 2006年05月02日 03:51
物価高、重苦しい空の下での英国生活から比べると羨ましいばかりの情景が目に浮かびます。そして、この楽園からほど近い中東の一部で戦乱となっていることも表と裏のように心をよぎります。紅海沿いに点在するビーチに私も行ってみたいです。
Posted by プティット at 2006年05月05日 17:49