2006年05月15日

偽旅行代理店

ロシアから

 ソ連崩壊、ルーブル大暴落、ハイパーインフレ、クーデター等々が連続して起こったロシアの一九九〇年代、国民は食べていくことに必死だった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 しかし、そこそこの豊かさを手に入れると、今度は「認知の欲求」「優越願望」が出てくる。九〇年代の終わりから数年前までは、携帯電話を持つことが優越願望を満たすことにつながった。

 ところが、今は幼稚園児でも携帯電話を持つ時代。他の人と同じでは自己重要感が満たされない。

 そこで流行(はや)りだしたのが外国旅行。特にトルコとエジプトは、二週間五つ星のホテルに泊まり、飛行機代込みで一人十万円以下という安さ。豪華ホテルに泊まり帰国し、ホームパーティーを開く。デジカメで撮った写真をパソコンに映し出して友人に語る。この時が、最も優越願望の満たされる瞬間。

 ところが時代は進み、トルコ、エジプトに行く人が増え過ぎて、自慢のタネにならなくなった。皆と横並びでは、優越願望は満たされない。

 そこで、今度はタイとか中国といった、ロシア人にとってはエキゾチックな場所への旅行が流行りだした。

 しかし、問題もある。エキゾチックな国々への旅行は、金がかかり過ぎるのだ。「金をかけずに優越感を満たす」方法はないだろうか。こんなニーズから登場したのが、「偽旅行代理店」。
 詐欺ではない。ここに行くと、世界の有名観光名所とあなたの、完璧(かんぺき)な「合成写真」を作ってくれる。そして、友達にプレゼンするための詳しい資料もくれる。

 結果について利用者のアーニャさんは「ブラジルに旅行したの。上司に写真を見せたら、その後丁重に扱ってくれるようになったわ。満足よ」と語った。優越願望のお値段は二万円程度だったとか。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50508452
この記事へのコメント
「偽」と書いたところがミソですね。「バーチャル」とか「擬似」じゃなくて。でもさすがロシア、日本やアメリカでは考えられない話題満載ですね。
Posted by 蚊め! at 2006年05月16日 07:53
高いな〜。
おみやげのブラジル饅頭とかセットなのかな?
本人が満足しているんならいいですけど。
Posted by itochan at 2006年05月17日 13:04