2006年05月16日

悪質なW杯便乗商法

ドイツから

 サッカー・ワールドカップ(W杯)まで一カ月を切り、ドイツ国内ではサッカー選手やボールを使ったコマーシャルやサッカーをデザインした商品が続々と登場している。W杯熱気にあやかりたいということだろう。公式スポンサーであるスポーツ用品アディダスの二〇〇六年第一・四半期の売り上げは前年同期比で47%も増えた。公式ボールの売れ行きも好調だという。典型的な「W杯効果」だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 国内スポンサーの一つであるドイツ鉄道は、W杯特別割引カードを販売している。一般乗車券より25%割引となる、有効期限はドイツ代表チームの結果次第というユニークな企画だ。一次ラウンドで負ければ七月末まで、ベスト16で八月末、優勝すれば十二月末まで有効となる。費用はわずか十九ユーロ(約二千八百円)で、年会費五十ユーロと比べるとお得だ。

 一方、悪質な便乗商法もある。最近、大手家電店が五百ユーロ以上の薄型テレビ購入者に対し、ドイツ代表がゴールを決めるごとに十ユーロずつ割引となるというキャンペーンを始めた。最高のシナリオは、ドイツが一試合平均三ゴールを決めて優勝すること。そうすれば、五百ユーロから二百九十ユーロに値下がりする。しかし、大衆紙ビルトの調べによると、同家電店の店頭価格は、インターネットのショップと比べて高めに設定してあるという。最高のシナリオにならない限りは購買者が得をすることはない。

 ドイツがゴールを決めるたびにサービスポイントが増えるというクレジットカードも登場した。ただ、年会費は十ユーロで、無料のクレジットカードと内容は変わらない。十ユーロ分のポイントを獲得するには、百ゴールが必要となる。これは到底あり得ない話だ。また、現地紙によるとW杯の偽ロゴを使った商品も大量に市場に出回っているという。

 W杯のお祭り気分に乗って、無駄な買い物をしないよう自戒している。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 10:11│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ