2006年05月22日

一斉にバハイ教批判

エジプトから

 エジプトの政府系日刊紙アルゴムホレイヤやカタールの衛星テレビ局アルジャジーラ、アラビア語テレビ局ドリームチャンネルなどが五月初旬から中旬にかけ、断続的にバハイ教を批判する報道を行い、国民に警戒を呼び掛けている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 事の発端は、エジプト人のバハイ教徒が、イスラム教徒と同様の諸権利を求め、パスポートの宗教欄にバハイ教徒と書けるよう、当局に申し出たことによる。エジプト当局はそれを拒否し、裁判所も訴えを却下した。

 バハイ教とは、一八四四年にペルシャ(現在のイラン)に発祥し、独自の聖典、法、暦、祝祭日を持つ一神教。信徒数は約六百万人。わずか一世紀余りで、キリスト教に次いで、世界で最も地理的に広まった世界宗教だと自負している。

 彼らは、仏陀やキリスト、モハメットら世界の主要な宗教の教祖は、同じ一なる神が、それぞれその時代と地域の発展段階にふさわしい教育をするために遣わした「聖なる教育者」だと教え、同教の教祖「バブ」とその後継者「バハオラ」を、現代の聖なる教師と位置付けている。人権民族差別の撤廃や男女同権などを主張、今後も新たな宗教的啓示が下されるとしている。

 官民挙げての激しい警告および国民の敏感な反応には、宗教の自由を享受する自由民主主義国家の国民(記者)にとってはかなり異常に感じさせられる。友人のエジプト人は、口角泡を飛ばして、「イスラム教でもない、キリスト教でもない、ユダヤ教でもない邪教が入ってきた」と興奮気味に話す。

 イスラム教徒にとって上記三宗教以外は基本的に邪教で、無宗教者は論外。終末には地獄行きが確定している存在でしかないのだ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50512657
この記事へのコメント
バハイ教…名前だけは聞いたことがあったけど…。
Posted by 蚊め! at 2006年05月22日 19:57
イスラム、キリスト、ユダヤの各宗教以外が邪教なら、
日本人の多くが信じている仏教や神道は、ガッツリ、邪教ってことになる。(^^;
Posted by KOJI at 2006年05月23日 09:35
「イスラム教徒にとって」。
イスラム教徒すべてがこう思っているのですか?
確認するために日本の種々のイスラム教組織に質問してみることにします。
ジャーナリストがこういう文章を書くってさびしいかぎりですね。
Posted by a at 2006年05月23日 10:37
イスラムの聖職者が、そのバブやバハオラという人を(同じ神の)偽預言者だって言ってるんなら邪教以外のなにものでもないですよね。

仏教、神道は邪教っていうよりも無宗教扱いなんだと思うけど。
Posted by itochan at 2006年05月23日 12:11
このコーナーは、知識や経験の情報交換し、お互いの考えを深めるのに役立つと思います。
私の知っているところでは、イスラム教で、アハル・アルキターブ(啓典の民)として定められているのは、イスラム教徒、キリスト教徒、そしてユダヤ教徒の三者だったと思います。ですから、それ以外は、イスラム法(シャリーア)では、宗教とみなされないです。ですから、イスラム教徒と”正式に(公的に認められる)”結婚できるのは、この3宗教の人たちです。仏教徒は、改宗しないと”正式には”結婚できません。(正式というのはもっと説明が必要ですが)

(続く・・・)
Posted by kamome at 2006年05月25日 02:22
現在、エジプトに住んでいますが、
1.大学院生ですら、仏教という言葉を聴いたことが無い人が多い。
2.知っていても、偶像崇拝(仏像を拝むこと)の宗教という認識がほとんど。
3.エジプト人から、イスラム教に改宗しないと、死んでから地獄の火に焼かれるから、と、心配してもらったことが、2,3回ある。
4.イスラム教徒に仏教のことを説明すると、唯一神がいないことが、とんでもないことらしい。唯一神がいて、人間を作ったということなしに、どうやってわれわれの存在を説明するのかと。(一部の意見ですが)
Posted by かもめ at 2006年05月25日 02:22
5.イラクでテロリスト(市民をも対象にし、すべて暴力と恐怖で政治的な目的を達しようとするからには、テロリストでしょう)のアル・ザルカーウィのグループに、外国人労働者が人質になったとき、トルコ人のイスラム教徒は、解放されていましたが、イラクに軍も送ってないネパールからの貧しい出稼ぎ労働者は、12人が、みな殺されました。テロリストは”彼らはキリスト教徒に協力する仏教徒だ”、とか声明で言っていたと思います。(本当は彼らは仏教徒でなかったと思いますが。)これは、テロリストだから極端な例ですが。私がこれには怒って、”仏教のことを知りもしないくせに!”とエジプト人の友人に言うと、”だって知る機会なんか無いもの”といわれました。
(続く)
Posted by かもめ at 2006年05月25日 02:23
(長くてすみません)
 イスラム法では、仏教は、彼らの考える宗教には当てはまらないようです。しかしイスラム教徒個人個人は、寛容な人から、凝り固まった人いろいろでしょう。ただし、日本などにいるイスラム教徒は、アラブからの留学生のエリートなら、知識や寛容さを持っている可能性が高いし、日本で、日本人に”仏教は邪教か”と聞かれたときと、自分の国で、同じイスラム教徒の友人とこのことを話すときは、答えが違う可能性があると思います。”a”氏の調査結果が楽しみです。
Posted by かもめ at 2006年05月25日 02:23
今回のことは、他国、イスラム圏での一般人の間の他宗教理解がいかなるものか、理解するきっかけになりました。
Posted by 蚊め! at 2006年05月26日 09:01
>上記三宗教以外は基本的に邪教
邪教というより、「知らない」ってのが正しいのでは・・・
キリスト教・ユダヤ教はオリジンがいっしょってだけで、イスラム教徒
からすれば、結局は「アラーを受け入れない人達」だと思います。
また、宗教欄に仏教と書くと「それは宗教ではない」と言われるそう。
想像がつかないのでしょう。仏教は中東オリジンの一神教と全然概念が異なる哲学だから、そう簡単なことでは理解してもらえないと思います。日本人でも、「神様」と「仏様」の違いを説明できる人は少ないと思います。
バハイ教は中東オリジンの一神教をひとまとめにし、なおかつ違う宗教のコンセプトを取り込んでるから、まじめなイスラム教国からすれば、不届き以前の邪教に映るのでしょう。似てる同士ほど、対立が激しいとか。。。
ただでさえか宗教対立が激しい中東で「わざわざ喧嘩になりそうな宗派を立てた」ってことでバハイ教には疑問を感じてます。
Posted by おまつ at 2006年06月06日 16:43
記事に無関係ですが、貴社は、この欄にメールアドレスを記入すると、公開されることを明記したほうがいいと思います。(そうでない投稿サイトもある)ここに投稿して以来、出会い系のサイトにつながる、女性名のメールが毎日来るようになりました。勿論、SPAMとして処理されますが、こんな低俗な嫌がらせが来るとは思ってなかったので。
Posted by かもめ at 2006年06月26日 22:46
イスラム圏では、エジプト、イラン、アフガニスタン、パキスタン、アルジェリアでは特に他宗攻撃が厳しい。したがって、宗教和合をストレートに説くと、聖職者に睨まれる可能性がある。したがって、バハイ「教」とするのは危険である。元々の出自である、十二イマーム派のリベラルな改革派である一分派として位置づけた方がイスラム圏では受け入れられやすい。宗教的にはイスラムとしておいた方が無難ではあると思う。同じ事を主張しても、イスラム教バハイ派として主張した場合、宗教に非寛容でイスラム以外全て邪教とみなすイスラム圏でも受け止められ方が違うし、リベラル化を促進できたと思う。
Posted by パルタ at 2006年11月12日 15:31
キリスト教も元々はユダヤ教の中のリベラルな一分派であり、ユダヤ教キリスト派と呼ぶべきだったのだろう。ユダヤ教の改革をあまりにも強烈に訴えすぎて、やはりバーブ教徒のように処刑されてしまった。
マホメットも軍事的に敗北していれば処刑されただろう。今でこそイスラム教は女性抑圧の代表となっているが、元々イスラム以前からアラビア半島の女性抑圧はひどいものだった。アラブ部族の封建主義を維持するものと見られる宗教が元々はアラブ部族の遅れた作風を改革するための宗教であったのは皮肉なことである。
Posted by パルタ at 2006年11月12日 15:33
始祖が社会改革のために始めた宗教が後継者になるにつれて改革反対・封建維持の道具となるのは儒教や仏教、キリスト教も同じだろう。儒教は君子が庶民の為に守るべき道徳から、庶民が体制の為に守るべき道徳になってしまった。このパターンは繰り返された。
バハイ教は暴力革命を否定しているが、元々は農民反乱から生まれた宗教である。無論、今のバハイ教が農民反乱を支持することはないだろう。
イスラムの原則からすれば、イランやタリバンのようなやり方が正しいのかも知れないが、今の日本に来ているイスラム教徒を含めて、教義と世界の現実というのが完全に一致するなどと思う人は少ないと思う。イスラム教徒にも教義だけでないリアリズムを持った人は多いだろうし、逆に現実を見ず教義だけが現実だと思っている人はイスラム圏でも社会集団からはみ出す場合もあるだろう。
Posted by パルタ at 2006年11月12日 15:38
バハイ教は欧米に信者が多いので不安には思うだろうが、サウジアラビアもシリアもイランもエジプトも独裁国家である。
バハイ教の批判はできても、ムバラクの批判ができる訳ではない。共産圏では無神論が建前であり、イスラム教信仰など公にはやりにくい。逆にイスラム圏では無神論など公にはできないし、他宗を広めるにも難しい。日本や欧米みたいになんでもかんでも布教したり、権力者を非難したりできる訳じゃない。独裁政権である以上、ある程度の行動の辛抱は必要である。エジプトもサウジアラビアも日本ではないのである。「もう沢山だムバラク」デモの参加者は治安部隊に逮捕された。独裁国家ではなるべく当局の監視に引っかかるようなことはせぬが吉。世界では独裁国家の方が数は多いのだから、ね。
Posted by パルタ at 2006年11月12日 15:55
本日の朝日新聞にこのことについての記事がありました
バハイ教というのは日本でもとても広まっていてとてもいい考えだと思います。
男女平等・世界平和等を主張しています
又、新聞には「シーア派の分派」とありますがバハイは「世界宗教」です。
Posted by ・・・ at 2006年11月23日 13:28
キリスト教=ユダヤ教のリベラルな一派。バハイ教=イスラム教のリベラルな一派というのはちょっと違うように思う。その論理であれば、仏教はヒンズー教の一派(ヒンズー教仏派)となる。
正確にはキリスト教は地理的にユダヤ教が主だった時代のユダヤ教文化圏において生まれた宗教であり、バハイ教も、地理的に圧倒的にイスラム教文化圏の中で生まれた宗教。同時に仏教はヒンズー教を中心とした文化の中で生まれたもの。
バハイ教が十二イマーム派のリベラルな改革派というのも、確かにそう捉える人もいるかも知れないが、バハイ教の人は確か「キリストの再来も、約束された12番目のイマムも、同じ約束された神からの預言者」と信じているから、そう言う観点から見れば、バハイ教は「キリスト再来を信じているクリスチャン」ともいえる。
私の理解するところで行くならば、バハイ教はたまたまイスラム教文化が主流だった国から生まれた独立した一神教。
Posted by のんた at 2006年11月24日 09:36
かつて無神論の共産主義者である旧ソ連から中東に派遣された人ですら建前では、私はクリスチャンとウソを言うように指導されていたとか???
一般の日本人はこういった配慮と自己防衛が欠けていると思います。また日本人のアマちゃんな正論で彼らを理解しましょうだけでは、自己犠牲と妥協をこちらが繰り返すだけになる。

ただイスラム国に二年駐在していた私から見たら、エジプトにおける今回のバハイ教徒に対する不当な反民主的行為などなんら不思議ではなくて、比較的中東地域では穏健で近代思想が都市部では普及しているエジプトですらこんなもの。

これがタリバンアルカイダや某王国だと死刑か?国外追放?かもね
Posted by 小市民 at 2006年11月25日 14:33
それと、紙面だとイスラム諸国は被害者で現実には色々と手を汚しているが欧米諸国とイスラエルは加害者だと言う論調が目立つが、実際個人的な感想ではイスラム諸国における国内問題の矛盾が溢れ出した結果にすぎないと私個人では思っています。

異国情緒を体験する程度ならいざ知らず、イスラムに幻想を持つのも危険でしょうね。
Posted by 小市民 at 2006年11月25日 14:47
私、バハイの一員です。
記事の書き方で、この記事に対してあまりいい印象をうけません。
書き方を少しかえていただきたいです。
Posted by あいか at 2008年01月07日 07:17