2006年09月15日

「高級アイス」店が開店

韓国にて

 ソウルの鍾路を歩いていたら、米国系の高級アイスクリーム店を発見した。ここが一号店だという。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 店内に入ると、店員がずらりと並んで客を待ち構えていた。あまりにもメニューが多く戸惑ったが、細かく丁寧に説明してくれた。しかし、よく分からなかったので、一番人気のあるというものを選んだ。

 三人で少し大きめのカップを二つ注文し、好みのアイスクリームとトッピングを指定すると、カウンターの向こうで冷たい石の上に載せて混ぜ始めた。

 かつて、明洞の屋台で、液体窒素でステンレスの板を冷やして同じようなものをやっていたが、こちらは本格的だ。欧米人の店員までいた。

 さて料金は、なんと二つで一万二千ウォン(約千五百円)。普通の食事二食分なのでビックリした。開店記念なのか、マウスパッドのおまけをくれた。

 味の方はというと、滑らかでソフトな感触は最高だった。その感触がしばらく口の中に残った。値段にふさわしい価値はありそうだ。

 しばらくすると、店員が一斉に店のコマーシャルソングを歌いだした。聞いている方は、ちょっと照れくさいのだが、家族的な雰囲気を醸し出そうと努力している様子がうかがわれた。

 日本でも同じようなチェーン店が数軒あるようだが、韓国ではこの店がこれからどこまで増えていくだろうか。

(Won・ソウル在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:23│Comments(1)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蚊め!   2006年11月01日 12:53
  しばらくすると、店員が一斉に店のコマーシャルソングを歌いだした。聞いている方は、ちょっと照れくさいのだが、家族的な雰囲気を醸し出そうと努力している様子がうかがわれた<それっていいですね。
その後そのチェーンはヒットしたのですか?

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ