2006年10月27日

10年前と違う緊張状態

韓国にて

 北朝鮮の核実験で緊張状態にある韓国です。新聞は毎日のように北朝鮮の動向を一面に掲載していますが、実は韓国の人たちは、あまり深刻になっていないように感じられます。マスコミは海外移住の数が今年になってから例年の倍以上だと報道していますが、絶対数を見た場合、北朝鮮が軍事行動に走るとは思っていないのではないか?と思われる節があります。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 十年前、北朝鮮との軍事的な緊張が最高潮になった時、国民は戦争が起こるかもしれないと非常食の買いあさりに走り、特に即席ラーメンとキャンプセットが店頭から消えました。

 あの時に軍役に服していた友人によると、遺書を書かされたし、軍人たちは有事の際は本気で祖国のために死ぬ覚悟をしていたと言っていました。

 でも今回は、当事者の韓国人は、過敏に反応している日本や米国を尻目に、隣の家事程度にしか考えていないようです。

 首都であるソウルは、軍事境界線から数十キロと離れていないのに、行き交う人は平時のような顔をしているし、ショッピングセンターへ行っても、有事の備えをしようとしている人が見当たりません。

 二代にわたる韓国大統領の北朝鮮に対する太陽政策が韓国の国民をまさか同胞が攻めてくるとは思ってもいない、緊張感のない状態にしてしまったのでしょうか。ある意味、とても怖い気がします。

(きょん・ソウル在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ



sekai_no_1 at 13:15│Comments(7)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蚊め!   2006年10月27日 15:02
 隣の家事? 隣の家事または対岸の火事の間違いでは?
さて、困ったものですな。彼らは絶対に北が攻めてこない情報でもつかんでいるんでしょうか?
 あるいは、朝鮮動乱の直前の状態なら大問題なんですけど。
というか、めちゃめちゃ似ている…。アメリカ軍そっぽ向きつつあるし、
一般国民は、浮かれてるし…。(あくまでも記録映画からの情報です)
2. Posted by 蚊め!   2006年12月07日 03:31
まず、北朝鮮が強気を維持していられる根拠についてですが、。
1.核兵器と弾道ミサイルに関して、たとえ 出来そこない だろうがなんだろうが、アメリカ政府が核実験であったことを認めてしまった為、核保有国として振る舞う国際的な「根拠」を得たこと。
2.金融制裁については、当初だけ確かに痛手ではあったが、北朝鮮の貿易決済の重要窓口となっていた金融機関の内、
中国の国営銀行分については、9月に停止した口座の半分以上は、11月中旬までには取引きが可能な状態に復活していたこと。 また、スイス銀行に差し押さえを受けた分の将軍様のホケットマネー、約4000億円分にしても、良く調べた結果、引き出し権の「凍結」であって、預金の「没収」ではなかった。 従って、口座に残る凍結資金(自分の預金)を担保に、その3分の2ぐらいまでの資金を低利で借り出す目処が付いたこと。
>ある日記から転載第1弾♪

3. Posted by 蚊め!   2006年12月07日 03:32
3.現金収入について核実験後、日本との貿易は実質的に止まったものの、韓国の政府からの支援金と、企業からの投資資金(金剛山観光開発名目の捨て金)流入が止まらなかったこと。 さらにはこの騒ぎの最中にあっても中国に売却した複数の鉱山の売却資金(一時金)が入金したので、この間経常的に出て行く手持ちの現金が少なくなりはしたけれど、全く無くなってしまうまで後2年程度は北朝鮮の手持ち資金は枯渇しない目処が立ったこと。
>同第2弾!
4. Posted by 蚊め!   2006年12月07日 03:32
4.エネルギー面について、9月中だけは中国からの原油輸入がストップしたものの、 中国発の報道(北朝鮮への原油供給は止めている)という報道はウソであり、 実際は10月分を見ても昨年度の1.6倍の量の原油(単月で6万トン弱)がすでに北朝鮮に送り込まれていること。

5.食料についても国際社会からの食料支援は先細りしたものの、中国からの支援分と、戦争用備蓄分の食料を取り崩せば、100万人程度の最下層の自国民を地域を区切った上、周囲と分離して、計画的に餓死させる程度の犠牲で、その他の国民については、餓死させずに来年も生かせる目処が立ったこと。

これらにより北朝鮮は約2年間分の時間を得る目処が立ったからこそ今回強気に出れるようになったのだと思います。

ある日記から転載♪
5. Posted by karu   2006年12月07日 16:16
蚊め!さん、いろんな情報をありがとうございます。
狭い自分の考えや判断が、情報を得ることで、修正されていきます。
(ただ、情報のソースやその信頼度とか、さらに考えねばならない問題はあるのですが。いつも思うけど、情報って目を開かせてくれるものでもあり、人をコントロールする有効な武器ですから)
6. Posted by 蚊め!   2006年12月08日 00:59
 これを書いている人は、他にもいろいろコメントを乗せているのですが、姉妹ブログの「コンフィデンシャル」が理解できる人なら、納得できる内容が多いです。
 ミ○シィ発だし…。
7. Posted by 武   2007年03月04日 12:16
治において乱を忘れず…と言うが、乱はおろか治も忘れた国は、もっぺん攻められた方がいいだろう(ユギオの再来だね)。
売国奴の利益を守る為に赤軍が来てくれるなら、盧武鉉一派は歓迎するかな?
鼻息だけは荒々しい韓民族諸君も、無い知恵を絞ってよ〜っく考えておいた方がいいですぞ。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ