2006年10月30日

旅への情熱

ロシアから

 会社員のイリーナさん(30)は、十一月にエジプト旅行に行こうと思った。イリーナさんのモットーは「成功するには、人と違うことをしろ」。他の人が休む夏は働き、誰も休まない時に休暇を取る。「シーズンでなければ料金も安いし、人も少なくて快適。コートは春に買うわよ」と笑う。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 しかし、数日エジプトツアーの研究をしたイリーナさんは愕然(がくぜん)とした。どこも満員だという。(ちなみに、ロシアではツアー詐欺が多いため、普通信用のある大手にアクセスする)

 イリーナさんは旅行会社のスタッフに尋ねた。

 「なんで十一月にエジプトツアーに行く人が多いの?」

 スタッフによると、十一月には子供たちの秋休みがある。両親は、子供のために休暇を取りエジプトに行くのだとか。

 イリーナさんは目まいがした。実は、人と同じ行動を取っていたのである。
 しかし、プラス発想のイリーナさんはめげない。「それなら、人が行かない場所に行くわ」と決意した。

 ロシア人が最も好むのは、トルコ、エジプト。理由は、五つ星のホテルに一週間泊まり、食べ放題、飲み放題、飛行機代込みで一人八百ドル(約九万円)という安さ。

 その次に人気が高いのは、ギリシャとタイ。

 ロシア正教はもともとギリシャから流れてきたのだから、文化のルーツを探る面白さがある。タイは、浜辺でゴロゴロすることにあこがれる寒い国ロシア人が大好きな国である。

 イリーナさんは、自分の哲学に従い、上記四カ国を選択肢から外した。十一月、彼女はマレーシアに旅立つ。

 ちなみに、彼女の月給は七百ドル、ツアー料金は千四百ドルだという。「これで貯金は全部なくなるけど気にしないわ。生き方の問題よ」と笑った。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 09:37│Comments(2)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ありんこ   2006年10月30日 14:23
ロシア人がエジプトを好きだとは思いませんでした。気候から言うとまるで反対ではありませんか。目からうろとはこのことか。

「これで貯金は全部なくなるけど気にしないわ。生き方の問題よ」と笑った。・・・。イソップ物語の「ありとキリギリス」の話を思い出しました。イソップの時代からありは評価されてるように感じていたので、キリギリスが気の毒でした。が、今や、キリギリスが評価される時代。そんなお国柄もそれなりにいいと思うのですが、未来を展望できないところから来る刹那主義?とも思ったりです。
2. Posted by 蚊め!   2006年10月31日 09:36
 それで彼女がリフレッシュして、仕事に人生にがんばれれば問題ないと思う。貯金全部なくしても…、幸いロシアは慢性的な原油高で空前の好景気らしいし…。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ