2007年01月02日

スーパーの宅配サービス

ロシアから

 モスクワではここ一、二年、スーパーの宅配サービスが一般化した。ネットか電話で注文すると、自宅まで持ってきてくれる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ロシア人は物不足のソ連末期、食料品を買うために毎日二時間行列に並んだ。今は「略奪資本主義」の時代。夫婦で朝から晩まで働く。満員の地下鉄と超渋滞。帰宅するころにはクタクタで、スーパーに行く気力が残っていないのだ。

 ナターシャさんは、一年前に宅配サービスの存在を知り歓喜した。彼女の家では牛乳や100%ジュース、ミネラルウオーターの消費量が多い。しかし、これらは重い。買い物に行くたび、腕がたくましくなる気がしてイヤだった。

 ナターシャさんは今、スーパーSCのサービスを使っている。千五百ルーブル(六千円)以上買うと送料が無料になるため、週に一度大量注文する。

 しかし問題もある。必ず遅れるのだ。今まで時間通りに来たことは一度もない。通常一時間遅れ、ひどい時は一日遅れる。

 もう一つの問題は、「注文と違う商品」が届くこと。

 忙しいナターシャさんは冷凍野菜を大量に買う。それを煮て解凍し、塩コショウをふって食べる。「早くて健康にいい」のだとか。

 しかしSC社は、しばしば注文と違う商品を送ってくる。担当者は「冷凍野菜ならなんでも同じだろう」と思っているふしがある。しかし、それは女心を知らないというもの。ナターシャさんは、「太る原因となる」ジャガイモを絶対口にしないのだ。

 先日、注文と違う「ジャガイモ入り冷凍野菜」を持ってこられた彼女は激怒。本部に抗議の電話をし、全部取り換えさせた。

 それでもナターシャさんは、「ソ連時代に比べると、だいぶマシになったわ」と満足している。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:14│Comments(4)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by karu   2007年01月03日 03:11
「略奪資本主義」ってどんな資本主義でしょうか?ちょっと興味がわいたもので。

また、ナターシャさん、ジャガイモに怒っているようですが、米やパンに比べるとカロリーは低いし、熱を加えても、他の野菜よりビタミンCが壊れにくいし、繊維もある、と聞きます・・・。ナターシャさん知ってるかな〜。ロシア人女性は、特に若い時、本当に美しいので、ダイエットなどしなくても、と思うのですが・・・。
2. Posted by 違うと思わない   2007年01月03日 16:08
「略奪資本主義」とは資本主義の仮面を被ったマフィア経済と言っても良いのではないでしょうか。政治家とマフィアが一体化してやりたい放題に利益を独占、一般人は下手に出しゃばって起業などするとどんな目に遭うか分からない。しかし最近は石油ガスで好景気なため、一般人がもらえるおこぼれも増えてきたようですね。ロシアはこの15年で信じられない程の様変わりですね。20年前の共産主義ソ連がおとぎ話のようです。
3. Posted by 蚊め!   2007年01月04日 15:03
通常一時間遅れ、ひどい時は一日遅れる。
>まあ、1時間なら何とか…しかし1日とは…。
4. Posted by karu   2007年01月05日 08:21
違うと思わない さん、ご説明ありがとうございます。一時儲けていたユコスは、結局、政府の槍玉に挙げられましたが、仲がよかったのか悪かったのか・・・。どういう位置づけになるのでしょうか?・・・マフィアもあんまり力がつくと、疎まれるのでは、と思ったりです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ