2007年01月06日

延辺で出会った朝鮮族

中国から

 先日、中国の延辺朝鮮族自治州に行った時のことだ。ある朝鮮族がマンションの一室を民宿として提供していたので、そこに泊まったが、急いで韓国に国際電話をしなければならなくなり、電話を借りようとした。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 すると民宿の女主人が「うちは国際電話ができないから、一階の売店に行ってやってくれ」と素っ気なく言う。仕方なく売店に行って片言の中国語で国際電話のかけ方を聞いたが、どうも相手によく通じていないようだ。困り果てていると、店内で女の子を連れて買い物をしていた朝鮮族女性が近寄ってきた。

 「国際電話ですか。0082を押してからかけるように言ってますよ」

 言われるままにやったが、かからない。見かねたのか、その朝鮮族女性は自分のマンションに行ってやってみてはどうか、と言ってきた。

 緊急だったこともあり、その言葉に甘えてお邪魔することに。

 女性は自分が韓国に電話する時の番号のメモを出しながら「0082で、次は0を取って…」と言う。「何だ、0082は韓国の国番号82をくっつけて言っていたのか」とようやく合点がいき、無事に国際電話をかけることができた。

 電話代とお礼にと思って、人民元で少し謝礼を渡そうとすると、「いいの、いいの。電話が通じたことが大事なんだから」と、頑として受け取ろうとしない。結局、そのまま家を追い出されるように出るほかなかった。

 民宿の女主人のせいもあってか、自宅の電話まで貸してくれた朝鮮族女性の人情深さが妙に心に染み入った。十数年前、初めて韓国に来た時に触れた人情深さにどことなく似通っていて、しばし懐かしい気分を味わった。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50619479
この記事へのコメント
ちゅーごくじんは冷たく、韓国人(朝鮮人はちゅーごくが作った差別用語だから言い換え♪)は情に暖かいということを再認識しました。
Posted by 蚊め! at 2007年01月06日 22:33
蚊め!さんの住んでいらっしゃるところでは、中国の人は「タフ」なんでしょうか? 私は外国にいる友達から、日本人は大人しすぎて、韓国の人にも中国の人にもかなわない、と言ってました。では、アメリカ人対中国人とか、韓国人対アメリカ人とか、韓国人対中国人はどうか・・・と、いささかげすな好奇心で考えているところです・・・。
Posted by karu at 2007年01月07日 22:04
タフですよお。ちゅーごくじん。伊達に世界中に華僑コミュニティー作ってないですね。
Posted by 蚊め! at 2007年05月10日 06:12