2007年02月01日

ベッカムがやって来る

米国から

 サッカー界のスター、デービッド・ベッカムが、今年八月から米メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに移籍することが決まった。本音を言うと、ベッカムがどんなプレーをするかにはあまり関心がないのだが、米国内のサッカー人気にどの程度インパクトを与えるのか、という点には少々興味を持っている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 MLSは一九九六年の発足以来、少しずつ発展しているが、アメフト、野球、バスケ、アイスホッケーの四大プロスポーツと比べると、地味な印象はぬぐえず、注目度も低い。話題作りのために、海外のスター選手を引っ張ってくることは、決して間違った手法ではないだろう。

 ただ、米国のサッカー界には「苦い過去」がある。六七年に発足した北米サッカーリーグ(NASL)では、ペレ、ベッケンバウアー、クライフら世界の超一流選手がプレーした。米国内のサッカー熱は一時高まったものの、結局長続きせず、八四年で打ち切られてしまった。

 ベッカムの移籍でもその二の舞いを懸念する見方が少なくないが、当時との大きな違いは、若い世代を中心にサッカーのすそ野が広がっていることだ。特に女子スポーツとして人気が高く、競技人口では米国が世界一といわれている。

 「やるスポーツ」としては定着してきたサッカーを、いかに「見るスポーツ」として魅力を高めていくか。ベッカムを連れてくる狙いは、そのあたりにあるのだろう。

 移籍先のロサンゼルスといえばハリウッド。映画スターのようにゴシップ関連で米国内をにぎわせることが予想される。これがサッカーファンの拡大という好循環に結びつくのかどうか、今後の成り行きに注目したい。

(J)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50629458
この記事へのトラックバック
ベッカム、ビクトリアの誕生日に半日で2500万円仰天!!!さすがベッカム・・・妻ビクトリアの誕生日になんと2500万円の誕生日プレゼントを用意。毎年この時期になるとマスコミを騒がせるビクトリア・ベッカムの豪華な誕...
4/19 2500万円の誕生日プレゼント・・・さすがベッカム、するスケールが違います。。。【エンタメ旬ネタwalker】at 2007年04月19日 14:24
ベッカム、ビクトリアの誕生日に半日で2500万円一説には買い物だけで7万ポンド(約1,600万円)も使ったともいわれている。それにプライベート・ジェット、高級ホテルの滞在費、レストランの貸切ディナーなどを加えると、総額11万ポンド(約2,500万円)の誕生日プレゼント
4/19 <ベッカム>妻ビクトリアの誕生日になんと半日で2500万円使うーーー【【噂のホント】マル秘にゅーす速報】at 2007年04月19日 14:28