2007年03月08日

楽しさ与えるディズニー

中国にて

 「夢と魔法の王国・ディズニーランド」は世界中の人々に夢、希望、勇気、インスピレーションを与え、客に楽しさをたっぷり提供する。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 旧正月の連休の一日を家族と一緒に「香港ディズニーランド」(世界のディズニーランドの中で「面積が最小(百二十六ヘクタール)」「アトラクション数が最少」「営業時間が最短」)で過ごした。開園初日からトラブルがあり、去年の旧正月は最多で三万人を超える人が入園できなかった。今年は業績不振対策として幾つかのアトラクションを開業する予定だ。家族で一緒に楽しめる所、そしてまだ行ったことがなかったので興味があった。

 娘(13)が情報を集め、“無理のないスケジュールと親子一緒に楽しめるコース”を考えてくれた。ファンタジーランドでの立体眼鏡をかけて見る映画は、遠近感がよく出ていて、本当に小雨程度の水が天井から降り、風もどこからか吹き込み、おまけに本当のケーキのにおいまでもして効果満点。中国大陸からの団体旅行客は「オー!」を連発していた。

 またその日の「キャラクターグリーティング」では、五、六分の待ち時間で写真が撮れ、サインもしてもらえた。どのキャラクターも丁寧に接してくれ、とても好感が持てた。

 香港の旧正月を祝うエンターテインメントと最後の花火を見て帰宅した。十一時間、振り返ってみれば、時がたつのを忘れるような一日だった。

(下根 森・香港在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50642337
この記事へのコメント
“無理のないスケジュールと親子一緒に楽しめるコース”をもっと描写してくれればよかったのに…。
Posted by 蚊め! at 2007年03月20日 22:33