2007年03月17日

バブルがはじけたら

韓国から

 韓国の不動産価格の高騰ぶりは、海外にも知られるようになったほどだと聞く。富裕層が多く住むソウル江南区には、「タワーパレス」という名のひときわ目立つ超豪華マンション群があるが、国税庁の調べでは、そこで一番高いマンションの値段が、東京の最高級の二倍、ニューヨークの最高級の一・三倍に達していたという。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 しかし、韓国がいつの間にか大金持ちになったというわけではない。国民所得の規模などからすると、韓国の不動産は傍(はた)から見れば明らかに行き過ぎと映る。だが、一本調子で上がり続ける「不動産神話」が出来上がり、政府による度重なる価格安定策にもかかわらず、「もっと上がるはず」という期待感がさらに値段をつり上げているようだ。

 日曜日の礼拝時間、信者にマイホーム購入の希望を植え付けようと熱心に説教するキリスト教の牧師も少なくないという話だから、国民を覆う不動産価格に対する異様なほどの関心とストレスが、いかばかりのものか察しがつく。

 もっとも最近は、韓国人の中から警鐘を鳴らす声も随分多く聞かれるようになった。

 先日はKBSスペシャルが、日本のバブル崩壊を特集していた。半導体や携帯電話などで世界的ブランドを築いた韓国の代表的企業サムスンの創始者が、これまで口にしたことがない韓国経済危機論を主張したし、政府も「今、家を買わずにもう少し待った方がいい」と国民に対し意味深なコメントを発表。「韓国不動産バブルの崩壊」を“予言”する先輩格の韓国人記者などは、「二〇〇七年Xデー」を大まじめな顔で説く。

 それにしても、これだけ国民がのめり込んだ不動産の価格がはじけたらどうなるのか。上がるのも、下がるのもダイナミックな韓国のことだから、さぞかし……。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50645479
この記事へのコメント
韓国がバブるのは勝手ですが、崩壊後日本に職探し、出稼ぎにきて不法滞在者となり、住み着かれるとまったく迷惑な話です。彼らは美しい琵琶湖の小魚を食い荒らすブラックバスとおなじ。やがて日本から技術を吸い取る工作員となり、マスコミに入り込み、政界に進出し、日本は乗っ取られるのがオチ。対馬沿岸に地雷を設置しましょう。
Posted by しま at 2007年05月05日 00:37
しまさん!お前は馬鹿か?
Posted by しん at 2007年07月08日 16:17