2007年03月31日

増える10代の性犯罪

韓国から

 韓国は世界中でも比較的治安がいい国の一つといわれるが、このところ十代の性犯罪が多発していて、学校や警察の頭を悩ませている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 先日も地方のある中学校に通う女子生徒が、高校生や中学生ら二十人以上から半年以上にわたって集団暴行を受けていた事件が発覚した。全国的に中高生による暴行事件が相次いでいて、統計によれば昨年一年間に性犯罪を引き起こした十代の加害者数は、七年前に比べ三倍以上、全体加害者の倍増をはるかに上回る増え方である。

 考えられるのは、わいせつ動画が野放図にアップされるインターネットのサイトや、露骨な場面が出てくる深夜のテレビ番組、それに過度な勉強によるストレスの影響など。「性犯罪=凶悪犯罪」という意識が十代の男子には薄い、という専門家の指摘もある。猫に鈴を付けるように、今後は前科者に現在位置が把握できる電子腕輪を着用させるなど、加害者処罰は厳しくなる傾向にあり、「十代も例外ではない」という声が広がり始めた。

 こんなご時世なので当然、同年代の娘を持つ親たちは不安を募らせている。ある中学校では、午後四時ごろになると女子生徒の母親が運転する車が続々と正門前に到着するという。「もう学校や警察には任せられない」と、下校する自分の娘を自宅や塾まで無事送り届けるためだ。低年齢化する性犯罪と向き合わなければならなくなった大人たちも、もはやなりふり構わなくなっている。

 もっとも危機に直面した際、怯(ひる)まずに「私、エイズにかかっているの」と言って逆に男子生徒を震え上がらせて“退治”したという武勇伝(?)もあり、やはり韓国の女は強い、と思わされたりもする。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50650291
この記事へのトラックバック
将来の担う若者の性行動は大きな社会問題だと思う。よくジェンフリ推進派は、性も清濁あわせのみしたほうがいいんだという。しかし、その結果、妊娠して、安易な中絶が心に傷になる事例は枚挙のいとまがない。よく切れるナイフを研ぐには、切れないナイフと切れるナイフを...
将来の担う若者の性行動【すーさん’s アイ】at 2007年04月03日 15:00
この記事へのコメント
電子腕輪ですか…さすが韓国、日本じゃ反対されるだろうな。いっそのこと孫悟空がつけてるようなリングにすれば受けただろうに…。
Posted by 蚊め! at 2007年04月02日 01:52
「「性犯罪=凶悪犯罪」という意識が十代の男子には薄い」韓国ではそうですか。日本では、十代以外でも、「性犯罪=凶悪犯罪」という意識が薄かったと思うのですが。
表現の自由の名の下に、過激な映像で想像力を刺激し、その刺激になれた結果、ますます過激な映像を求める(想像力は鈍化?)今の状況は理解できない。でも、日本はマスコミがあまり声を大にして言ってこなかった感がある。それは「表現の自由」が制限される恐れからではないかと思う。
また、20歳になれば自動的にいろんな物が許されて個人の責任といわれるが、実際は、社会的・精神的に未熟な者がいて、そんな者には個人の責任なんてあまり感じられてないのではないかと思う。扱いにくい問題だと思う。
Posted by karu at 2007年04月03日 15:30