2007年03月31日

砂嵐は“砂漠自体の掃除”

エジプトにて

 今年は不思議に、イスラム教徒の休日である金曜日が毎週天気が悪く、「エジプトは毎日が快晴」と友人に言いふらしてきた私にとっては何かうそをついてきたみたいで、気持ちが悪かった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 三月下旬、今日も曇りか、とがっかりしたのだが、でもいつもとはちょっと様子が違うので、もしかしたらと思っていたら、何と次第に風が強くなり、戸外の木々が大揺れに揺れ、朝なのに暗さが増してきた。

 戸外に出ると、道行く人々が皆、目をしばたたかせたり、目をこすりながら歩いている。ピラミッド方面のホテルに行く用事があり向かうと、路上には紙くずや土砂、ビニール袋などが舞い上がり、横殴りに飛んでいる。視界は不良で、砂漠の外れにあるピラミッドに近づくにつれ、砂ぼこりの濃さが増してきた。

 雨のない台風みたいなもので、砂とほこりとごみが舞うのだ。さらに異様なにおいが辺りに充満する。砂漠自体が掃除をしているようだ。同時に日ごろ汚い路上も掃除されている。ごみ類はどこへ行くのか。

 ホテルに到着したら、玄関や庭にごみがたまっている。中庭にあるホテル自慢のプールやプールサイドにも、いっぱい入り込んでいる。一般の家屋でも同様の状況だ。

 ハムシーンは熱帯モンスーンの一種で、サハラ砂漠の少ない水分を、気温の上昇で発生した低気圧が吸い上げ、砂塵とともに上空高く吹き上げたものが、地上を襲う。だから夏本番が始まる予告でもある。

(S・カイロ在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50650338
この記事へのコメント
これは面白い視点の記事ですね。最後に薀蓄も入ってるし、記者の感想も入ってるし。
Posted by 蚊め! at 2007年04月02日 01:38

「雨のない台風みたいなもの」の様子がとても良く分かりました。こういう記事は、エジプト大好きの私は大歓迎。
Posted by Salma at 2007年04月03日 18:37
「砂漠自体が掃除をしているようだ。…ごみ類はどこへ行くのか」
はい、私も気がかりです。空気中に砂塵だけでなく、黴菌を撒き散らしているようで(広範囲だから薄められるんでしょうが)。
で、思いは日頃のエジプト人のごみ捨て行為に向きます。いい大人がごみを道に捨てるな〜。小学生の教科書に「道にごみを捨ててはいけない」とあった時は、一応まともな教育してるんだ、と思ったけれど、エジプト人の友人曰く、「教えた教師が教室でごみを捨てるんだよね〜。子供は本音と建前を学ぶだけ」と。
大統領夫人には、読書同様、「ごみ捨て防止」の啓発活動に力を入れてもらいたいし、環境大臣や大統領にはハムシーンの直後にカイロの町を散策してもらいたいですが。
Posted by かもめ at 2007年04月06日 01:57