2007年04月09日

アッパーミドルの子

ロシアから

 アルテョン君とレーナさんは、共に三十代半ばの仲良し夫婦。アリョーシャ君という六歳の子供がいる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 アルテョン君は食品メーカー用の機械を販売している。レーナさんは、ドイツ系スーパーの経理。二人の月収は合わせて二百万円ほど。いわゆるアッパーミドルである。

 彼らは一人息子のアリョーシャ君を溺愛していて、誕生日には盛大なパーティーを開く。五歳と六歳の誕生日は、レストランの大部屋を借り、ピエロと楽団を呼んで盛大に祝った。お値段は三十万円。

 アリョーシャ君は間もなく七歳の誕生日を迎える。しかし、レストランのパーティーも飽きた。そこで、フランス旅行をプレゼントすることにした。

 レーナさんは「今は旅行シーズンじゃないから、安いのよ。三人四泊五日で三十万円ちょっと。レストランでパーティーするのと値段は変わらないわ」と語る。当然、アルテョン君もレーナさんも一週間仕事を休む。

 仕事第一の日本で育った筆者には、想像を絶する息子への愛である。そして、「こんなに甘やかして大丈夫か」と心配にもなる。

 アリョーシャ君は、六歳なのにラップが大好きで、自分でも歌って踊る。また、両親が願いを聞いてくれないときは、泣きわめくこともある。

 ある日、アリョーシャ君から驚くべき質問をされた。「武士道ってなんですか」と聞くのだ。最近通い始めた空手道場の先生(ロシア人)が、武士道好きなのだとか。

 筆者は、「忠」よりも「孝」を教えることが先決と考えた。そして、「武士道とは、サムライの生きる道。まず、両親を絶対的に尊敬しなさい」と教えた。

 アリョーシャ君は、「分かりました」とうなずき、以後わがままを言わなくなった。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:38│Comments(1)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by karu   2007年04月11日 01:35
「孝」の次は、何を教える予定でしょうか?「仁」?「義」?それとも「礼」? 楽しみですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ