2007年04月20日

ホームレスのあり方

米国

 米国では、ホームレスが道端に座って、ひっくり返した帽子を前に置いては、「私には3人の子供がいるのに仕事がありません。小銭を恵んでください」などと書かれた紙を持っていたり、紙コップを持って道行く人に近づいては、「小銭をください」と声をかけたりしている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 日本にもホームレスはいるが、通りすがりの人からお金をもらおうとする人は、少なくとも私は見たことがない。「物乞いは恥ずべき行為」という、日本人の気質からだろうか。それより、ホームレス生活を楽しんでいるかのような人も、見かけたことがある。

 それに比べて、米国のホームレスは他力本願だなぁと思ってしまう。それほど汚い格好をしているわけでもなし、1日中道端で、恵んでもらえるかどうかわからないお金を期待しているより、コップを置いて仕事探しに出かけたらどうだろうと思ってしまう。だが実際は働きたくても、住所が決まっていないために、就職できなかったりするのだろうが…。

 しかし米国では、そんなホームレスに小銭を恵んであげる人が少なからずいる。キリスト教信者が多いから、自分より恵まれない人に、手を差しのべようとするのだろうか。だが不思議なのが、お金を恵んでもらう立場なのに、「申し訳ないけれど…」という態度ではなく、どことなく偉そうなホームレスも多いことだ。

 様々な国でホームレスの支援活動や、生活保護が行われているが、追いついていないのが現状であろう。しかしホームレスから自力で立ち直った人々もいる。諦めたり、他力本願になったりせずに、自分の人生を見つめて欲しいものだ。

(花咲ありす)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ヴィトンの長財布  [ ヴィトン 財布 ]   2007年04月20日 11:45
ヴィトンの財布愛用してます。特にヴィトンの長財布も好きですよ。長財布も二つ折りと三つ折りの2種類あるのですが、...
2. 裕福なホームレス  [ すーさん’s アイ ]   2007年04月20日 13:43
米国ならずとも日本でもホームレスは研究課題である。厚生労働省は委員会をずっと続けている。ただ外国と異なるのは、食べるものなどに困らないせいか、ものごいの姿が見られないところだろう。漫画などで見る日本敗戦後の「戦争被害者」がものごいする姿とは、日本のホー...

この記事へのコメント

1. Posted by karu   2007年04月22日 01:14
日本の場合、恥の気持ちが強いのかもしれませんが、同時にいまだに、失敗を許さない社会のような気がします。で、ホームレスは失敗の例として、結構世間は冷たいんじゃないでしょうか。「働かざるもの食うべからず」と。フリーターやニートに向ける目も冷たいし。
アメリカは少なくとも、過去は、実験(試行錯誤?)の好きな国で、社会的失敗はあっても、お金があれば過去の失敗を消してくれるとか…?

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ