2007年05月08日

人魚になって魚と戯れる

エジプトから

 エジプトは今、砂嵐(ハムシーン)の時期を過ぎて、旅行者にとっては絶好の観光シーズンを迎えている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 アレクサンドリアや紅海沿岸などの海を含めた旅行を考える場合、今から十月までが「絶好の時期」と言えそうだ。

 年代を異にする数人の女性を案内してエジプト国内の観光地を回ったが、全員が最も感動し、ぜひ再び訪れたいと言った観光地はどこか。

 エジプトの主な観光地は、首都カイロでは、三大ピラミッドにスフィンクス、エジプト考古学博物館、クレオパトラのイメージが重なるアレクサンドリアには超近代的な新図書館やモンタザ宮殿、新改装が成ったカート・ベイなど。

 ルクソールには、古代王朝時代の巨大な石像や彫刻が立ち並ぶルクソール神殿にカルナック神殿、砂漠に囲まれた異様で独特な雰囲気に包まれる王家の谷やハトシェプスト女王葬祭殿。

 シナイ半島には南部中心部に、十戒を受けた預言者モーセをしのばせるシナイ山があり、そこを下れば、ダハブやシャルムエルシェイクなどの世界一透明度が高いとされるダイビング地帯がある。

 解答はシャルムエルシェイクだった。もちろん個人の興味や趣味、好みがあるのですべての人々がそう言うはずはないのだが、「自分が人魚になって、水族館の中を泳ぎ回っているみたいだ」と言って喜んでいた。事実、人魚になった錯覚に襲われながら、千変万化する生きたサンゴと熱帯魚を前に、一緒に戯れ泳ぐ気分は何度味わっても、味わい尽くせないほどの魅力がある。
 神の創造物は、巨大神殿などの人間の創造物に勝るのかもしれない。遠くの島にボートで出掛けなくても陸続きで秘境を味わえるのも、ここの魅力の一つだ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SUGEO   2007年05月11日 22:36
私も一度は行ってみたい所です。
今は我が家の水槽を眺め、魚や珊瑚礁の中を泳ぐ日を夢見ています。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ