2007年05月29日

カルバンと「イフ」

オーストリアから

 「もしヒトラーの生誕地が数百メートル離れたドイツ領土内だったら」「もしヒトラーがウィーン美術大学に合格していたならば」

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 これらの「もし」が許されるならば、ヒトラーはオーストリア人ではなく、ドイツ人となり、民族主義と反ユダヤ主義を標榜(ひょうぼう)する独裁者ではなく、美術学生としてその才能を発揮していたかもしれない。

 アドルフ・ヒトラーの出生地はオーストリアの小村ブラウナウ・アム・インだ。村を通過するイン川を越えると、そこはドイツのバイエルン州だ。ヒトラーの出生地とバイエルン州は実際、数百メートルも離れていない。多くのオーストリア人が「ヒトラーはドイツ人であり、ベートーベンはオーストリア人だ」と宣伝したくなる衝動も理解できる、というものだ。

 また、ヒトラーがウィーン美術大学に合格していれば、彼はウィーンにとどまっていたかもしれない。しかし、二度の入学試験とも不合格となってしまったヒトラーは美術学生となる夢を捨て、ドイツに未来を求めて出て行ったわけだ。

 「もし(イフ)」という言葉は歴史を考える際、タブーだが、歴史の中には「もしそうであったならば」と考えてしまうような状況が少なからずあるものだ。

 人生には選択し、決断しなければならない機会が少なくない。極端に言えば、人生は選択し、決断する瞬間の集合体だ。そして、いつも正しい選択と決断を下せるわけでもない。

 ジャン・カルバンの「予定説」を信じる者には、この「イフ」の思考はない。すべてが神によってあらかじめ決められていると考えるからだ。その意味で、「イフ」を愛する人は、カルバン説を信じる人には味わうことができない、「思考の自由」と「内省の時」という恩恵を享受できるのではないだろうか。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:44│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ