2007年07月09日

大富豪を振る

ロシアから

 ニーナさん(25)は、金髪でスタイルのいい美女である。オフィス機器販売会社A社に勤めていた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 同社社長のビクトルさん(45)はある日、仕事熱心で誠実なニーナさんの存在を知る。彼は年収十億円を超える大富豪で独身。

 ビクトルさんは「仕事の話をしよう」とニーナさんを夕食に招待。レストランでじっくり彼女の話を聞き、すっかりほれ込んでしまった。

 その後、ビクトルさんは頻繁に彼女をデートに誘い、独身のニーナさんも、快く対応していた。

 二カ月後、ビクトルさんは夕食の後、彼女を自宅に招いた。ニーナさんは、「私はマジメなロシア正教徒。結婚するまで、深夜にあなたの部屋に行くようなことはしないわ」とキッパリ拒絶。

 ビクトルさんは、カルチャーショックを受けた。今まで「会社社長」「年収十億」でたいていの女性を口説けたのだ。「金」「肩書」に左右されない女性が初めて出現したのである。彼は、「この女性を妻にしよう」と固く決意した。

 しかし、事は思い通りに進まなかった。ビクトルさんの独裁的な経営手法に嫌気が差した幹部が談合し、一カ月の間に数人が転職。創業時からの友人に裏切られたビクトルさんの、酒量は増えていく。

 ニーナさんは、酒におぼれる彼の姿を目にし、別れることを決心した。

 筆者はニーナさんに、「大富豪をなぜフッタのか」ときいた。彼女は、「長い人生、お金の量は増えたり減ったりするわ。金のあるアル中と、金のない誠実な男性。私なら、誠実で酒を飲まない人と暮らしたい」と断言。

 ビクトルさんは、理想の女性に捨てられ、ますます酒におぼれる日々。自分の理想に忠実なニーナさんは、転職し幸福に暮らしている。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50726217
この記事へのコメント
ロシアつておもしろい国だ、それにひきかえアメリカは味気ないね。
Posted by yakutatazu at 2007年08月24日 19:00