2007年07月13日

にぎわうチムジルパン

韓国にて

 韓国式の健康ランドともいえるチムジルパン。「蒸し部屋」という意味の韓国伝統の低温サウナだ。男女でくつろげるエリアがあるため、多くの家族連れやカップル、団体グループなどでいつもにぎわっている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 最近私が家族で出掛けたのは、自宅近くにあるチムジルパン「スパセブン」。その日入場した時は午後九時を回っていたが、結構な人でにぎわっていた。ここはビルの八、九、屋上階を使った割と大掛かりな施設で、二十四時間営業。ちなみに入浴料は大人九千ウォンでクーポンなどを利用した割引もある。

 施設の九階は大衆浴場になっていて、男湯と女湯に分かれ、アカスリやサウナもある。八階では服を着て、家族で合流できるようになっている。そこにはアイス部屋、酸素部屋、黄土サウナなどの各種サウナ、トレーニングルーム、パソコンルーム、仮眠室、売店や食堂もある。またサウナも低温であるため、中でもゴロゴロと寝転がり、テレビを見ながら過ごせるようになっている。

 普段の疲労回復、ストレス解消はもちろんのこと、自宅とは違った雰囲気なので夫婦の会話も弾み、時間さえあれば、ここで一日つぶせそうな感じだ。

 韓国の至る所にあるチムジルパン。いろいろな施設があるので、読者の方で韓国に来られる機会があれば、チムジルパン巡りをされるのも面白いかもしれないですよ。

(Netseoul・仁川市在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50729380