2007年08月04日

政府音頭で反日

韓国から

 ソウル市内を車で移動していた時のことだ。ラジオをつけると政府広報のコマーシャルが聞こえてきた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 「オンマ(お母さん)、僕の家は三十三坪だというんだけれど、三十三坪ってどのくらいの広さなの」。「どれくらいの広さかというと、えーと…」と母親が答えに窮したところで父親が登場。「坪というのは日帝時代(日本の植民地時代)の古い基準だね。グローバル時代に合わせて、これからは平方メートルを使わなければならないんだよ」。息子が納得したところで、「これは産業資源省のキャンペーンです」とアナウンスが出てきた。

 これは「坪」という単位をやめて「平方メートル」に統一させる法改正を宣伝するものだが、実は不動産業界をはじめ韓国社会で「坪」はすっかり定着・一般化した単位。キャンペーン浸透は容易でないと判断したのか、わざわざ「日帝」を持ち出してくるあたり、悪(あ)しき慣習(?)に対する民族感情をあおろうということなのか。

 また、こんなこともあった。青瓦台(大統領官邸)の報道官がアフガニスタンでの韓国人拉致事件についてブリーフィングしながら、最後に突然、語気を高め「しかし、いい知らせもあります」と前置きし、米下院本会議が従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議案を可決したことに言及したのだ。拉致事件の説明で見せた厳しい表情、重たい雰囲気とは打って変わって…である。

 こうした「政府の声」を直接耳にするたびに複雑な心境になる。在韓歴が少しずつ長くなり、韓国への愛着が根を下ろし、その反日感情にも慣れっこになるころだが、政府の音頭で反日を展開するようなことは次期政権以降は勘弁してほしい、というのが本音だ。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:57│Comments(3)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by karu   2007年08月04日 20:17
韓国人の気持ちは想像できる半面、「またか」と少々うんざりします。
両国の政治家同士の泥仕合に巻き込まれたくないですね。
ところで、ヴァージニア工科大学の殺人犯の事は、すっかり忘れて下火になったのでしょうね。あの事件で、加害者になること、加害者の関係者であること(人種、民族、親戚、家族)の気持ちを味わったと思うけど、それは、今私達日本人が味わってることとも少し似てるのですが。恥、申し訳なさ、もういいじゃないかと否定したくなる気持ち、事実を捻じ曲げてない?謝罪を一切してないかのような印象を世界にばら撒くなよ、等など。
大統領がかわる事を期待してます。
2. Posted by 次善   2007年08月08日 14:05
そうですね。抗日については以前から目に付いてきましたが、こんな生活に溶け込んだ会話に見える形での抗日批判は初めてみました。正直気分が落ち込みますね
3. Posted by yakutatazu   2007年08月11日 18:50
もしかして、坪という単位発祥の地は韓国だったりして。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ