2007年09月27日

肝炎で禁煙?

パキスタンから

 金欠の意味するところを、長期バックパッカーのA氏から聞いた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 彼はトルコから東に向かい、イラン、イラクを経てパキスタンに到着したころには半年がたっていた。トルコでは一泊二十ドルのゲストハウスが見つかればラッキーだったが、パキスタンでは一泊五ドル、食事は一日二ドルと切り詰めた。それでもパキスタン東部で持ち金が底を突き始めた。
 とうとうペットボトルの水まで節約するようになり、生水を飲むようになった。水道水から直接、飲んでいたのだ。

 最初は恐る恐るだったが、腹痛もなければ下痢もしない。長年のバックパッカー生活で体がそこまでなじんだものと自信さえ持った。

 だが、すべて虚構だった。やがて特別きつい行動もしないのに、疲れがドッと出るようになった。いつも慢性的な疲労感があり、微熱も出てきた。疲れがたまると全く体が動かなくなることもあった。

 ネットで調べて、肝炎だと判明。決め手は肝炎の症状に、たばこと酒を拒否するようになるとあったからだ。普通ならインド辺りでビールに体が反応していたはずだが、一滴たりとも欲しくなかった。長い間、イスラム圏を旅して禁酒生活を余儀なくされたが、禁断症状は全くなくなっていた。

 パキスタンなど南アジアでは、下水が完備されている所は極めて少ない。ほとんど垂れ流しと言っていいほどだ。そうした衛生環境では、上水といえども管のひび割れなどから汚水が入り込み、水は汚染される。水道水をそのまま飲めば、肝炎にかかるリスクが発生することから、防ぐには最低、煮沸する必要があった。若さを過信して、その基本的安全対策を怠った付けを払う羽目になったのだ。

 ただ「たばこをやめるのには肝炎はいい機会になる」と彼は笑った。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:43│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ