2007年10月18日

デカフェ・コーヒー

米国から

 先日、約二年ぶりに日本に一時帰国した。その際、頭を痛めたのが、家族や友人らに渡すお土産だった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 どうせなら、米国でしか手に入らないようなものを買って帰りたい。だが、お店に行けば、何でも手に入る今の日本。「米国にあって日本にないモノ」を探すのは、意外と難しいのである。

 米国で長年生活している知り合いの日本人に「どんなお土産が喜ばれるか」と聞いてみたところ、「これはいけるかも」と思うようなアイデアを幾つか頂いた。

 その中の一つがコーヒー。といっても、ただのコーヒーではなく、カフェインの入っていない「デカフェ・コーヒー」である。

 米国ではスターバックスをはじめ、どのコーヒーメーカーも必ずデカフェを取りそろえているほどポピュラーな存在。わが家も近ごろ、妻がカフェイン入りのコーヒーを飲むと夜眠れなくなってしまうというので、もっぱらデカフェばかりを買っている。

 米国で当たり前の商品なら日本でも手軽に買えるはず、勝手にそう思い込んでいた。ところが、日本に帰国中、スーパーのコーヒー売り場に立ち寄ってみたところ、デカフェはほとんど見当たらない。輸入品などせいぜい一、二種類である。

 今までコーヒーの種類に無頓着だったこともあるが、これには正直、驚いた。

 妻のように、おいしいコーヒーを飲みたいが、カフェインの影響で眠れなくなってしまうから飲めない、という人も少なくないのでは。そう考えると、「物珍しさ」も加わって、デカフェ・コーヒーは決して悪くないお土産ではないかと思う。

 実際、デカフェを幾つか買って帰ったところ、うちの両親が予想以上に大喜びしていた。

(J)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ