2007年11月13日

ベジタリアンと日本食

ロシアから

 アーニャさんは、ロシア人には珍しくベジタリアンである。きっかけは、十五歳の時に牛が殺される現場を目撃したこと。「牛の叫び声を聞いて、それからお肉が食べられなくなった」と言う。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ



 彼女がベジタリアンになるのを決意したのは、ソ連最末期。食糧が不足していた。「ただでさえ食べるものがないのに、栄養失調で死ぬわよ!」と母親に怒られたが、彼女はめげなかった。
 とはいえ、モスクワはベジタリアンにとって住みにくい町である。人々の典型的な食事は、サラダ少々、(肉入り)スープとメーンの肉、そしてブテルブロッド(ロシア風ハム・チーズサンド)ではないか。

 アーニャさんに転機が訪れたのは二〇〇〇年。試験に合格し、日本に留学できることになったのだ。彼女は、日本のスーパーを見て愕然(がくぜん)とした。

 「これまで見たことも聞いたこともない野菜が並んでいたわ」と笑う。

 彼女は一日にして日本食信徒になった。ご飯を炊き、みそ汁を作り、豆腐にしょうゆをかけて食べる。ニラ、モヤシ、ホウレンソウなど、モスクワにはない野菜も大好きになった。しかし、幸福な日々は長続きしない。一年後、彼女は留学を終えロシアに帰国した。

 帰国後数年間は、寂しく単調な食生活を送っていたアーニャさん。しかし、ロシアの経済成長の結果、明るい兆しが見えてきた。モスクワのスーパーに日本の食材が並ぶようになったのだ。
 これまでなかった、レタス、大根、モヤシ、豆腐、ホウレンソウ、しょうゆなどが、あちこちで入手できるようになった。

 幸せが戻ってきたアーニャさんは言う。

 「しょうゆはキッコーマン以外買っては駄目よ。添加物がたくさん入っているから。キッコーマン万歳!」

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 09:36│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ