2007年11月16日

風変わりなお好み焼き

ドイツにて

 最近デュッセルドルフに「風雅」という小さな店がオープンした。日本のお好み焼きの店で、テーブルが二つとカウンターがあり、店内で食べられるし、持ち帰りもできる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 この地域には日本人が多く、日本食レストラン、スーパー、本屋などが並んでいる。「風雅」は少し郊外にあるが、一般のドイツ人向けだという。これが一風変わっている。お好み焼きは鉄板で焼くものだが、この店ではオーブンで焼くので、ふんわりと仕上がるのだ。

 店長によると、以前この店はピザショップだったので、大きなオーブンが最初からあったそうだ。本当はうどん屋をやりたかったが、オーブンを有効利用するため、お好み焼きを始めたという。

 すしを知っているドイツ人は多いが、お好み焼きはまだ珍しいものだ。ドイツ語のメニューでは、日本式ピザと説明してある。

 日本では当たり前になっているようだが、ピザのように自分の好きなものをトッピングできる。お好み焼きといえば、ブタやイカだと思っていた私は、チーズ、キムチ、うどん、納豆なども乗せているので驚いた。

 値段はピザよりは安いが、競争相手はピザではなく、どこでも見かけるドネルケバブではないだろうか。パンに肉と野菜を挟んだトルコ式サンドイッチのことだが、お好み焼きはその二倍以上もするので、果たして生き残れるだろうか。

(カズ・独ノイス在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ



sekai_no_1 at 13:57│Comments(2)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by karu   2007年11月20日 17:47
生き残って欲しいですね。
野菜もたっぷりだし、健康にもいいと思うのですが。
ドイツ人も若い世代は、食習慣が変わってきているのでしょうね。
2. Posted by カズ   2007年11月23日 21:12
ドイツには、イタリアやトルコ料理に比べると、日本食はまだまだ少ないので、私も生き残って欲しいと思います。
でも、値段がドネルケバブ並みになってくれれば、私ももっと頻繁に食べに行くのですが。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ