2007年12月20日

高いボランティア意識

韓国にて

 泰安郡沖でタンカーの原油流出事故が発生、一週間が過ぎているが被害は広まるばかりだ。現在、観光地の安眠島沖合まで被害が広がり、島民はその対策に奮闘している。安眠島はカニやエビなどの魚介類が特に有名な所で、シーズンになると毎年多くの観光客でにぎわう。油の塊であるタールボールの流入を防ぐため、浅水湾につながる安眠島北部の連陸橋付近に五重のオイルフェンスを設置したが、効果は薄いようだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 このような一大事に、多くの国民が“自願奉仕”を名乗り出て、タールボール除去のためにボランティア活動を行っている。自願奉仕とは社会奉仕活動を指す韓国語で、「他人に仕え奉ることを、自ら願って行う活動」だ。自願奉仕はすでに一般化された言葉で、小中高校の授業や企業の対社会活動にも組み込まれている。

 十年前のIMF金融危機の時も、保有しているネックレスや指輪など金めのものを誰に言われることなく差し出す人々が出現し、自願奉仕の意識が高い国民ではないかと思う。背景には、国民の多くが仏教やキリスト教などの宗教的背景を持っていることと、儒教の国として長い間生活の中で奉仕が実践されてきたことが関係しているのだろう。昔から旅人には一夜の宿と食事を提供するのが習わしということをよく聞いたが、このような言い伝えも奉仕精神の強いことを表しているのではないかと思う。

(志田康彦・京畿道九里市在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:19│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ