2008年02月21日

税金だらけの国

ブラジルから

 ブラジルは新規油田の開発などが進んだことで、一昨年より原油輸出国の仲間入りを果たした。ところが、サンパウロなど主要各都市のガソリン価格は日本円にして一リットル一四〇円ほど。とても原油輸出国のガソリン価格とは思えない。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 資源国でもあるブラジルのガソリン価格は不思議だ。隣国のベネズエラやボリビアはガソリンが驚くほど安い。ブラジルの原油の多くがコストの掛かる海底油田だということを差し引いても高い。

 ガソリン高の理由は、税金だ。ガソリン価格の半分が税金。そして、政府収入の二割以上がガソリン税によって賄われている。

 ブラジルの税収は、その多くが間接税によって賄われており、間接税の高さは世界有数。政府収入を確実にするためにもガソリン価格の引き下げは難しいということになる。

 それにしても、ブラジルの間接税はガソリンにかかわらず高い。自家用車なども同じく間接税の塊。自国生産のリッターカーが日本円にして二百万円以上。やはり自動車価格の半分近くが税金の塊となっている。

 コンピューターなども以前はべらぼうに高かったが、政府がコンピューター普及のために税緩和策を打ち出して以降は驚くほど安くなった。間接税の高さを肌身で感じた事例だ。

 なぜこれほどまでの税金が取られるのか、と周りのブラジル人に聞いてみれば、ほぼ間違いなく「役人天国だからさ」という答えが返ってくる。

 確かに市役所から政府まで、首長や時の政権が代われば、親族、家族、知人や関係者などが知らぬ間に役所などに入り込んでいる。訳の分からないポストや部門が新設されて、その責任者に首長や政権関係者の親族が納まるのは今に始まった話ではない。

 ガソリン価格一つを取ってみても、この国が抱える実情が垣間見えてくるものだ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/50946832
この記事へのコメント
世界おもしろニュースと書いてありましたが、この話はあまりおもしろくありません。国の不幸を書いているだけです。
Posted by しろ at 2008年08月06日 15:13