2008年03月06日

変化するピープルパワー

フィリピンから

 このところフィリピンでは、汚職問題に端を発するアロヨ大統領への辞任要求が盛り上がりを見せ、抗議デモが繰り返されている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 二月下旬には、民衆革命でマルコス大統領を追放した「ピープルパワー記念日」があったが、政府主導の記念行事はどこ吹く風とばかりに、首都圏は野党連合による反政府集会に染まった。

 確かに集会の規模は次第に拡大してはいるが、現場を見る限り依然として参加者に熱意は感じられない。会場では弁当が配られたり、疲れて路上で寝ている親子がいたりと、まるでピクニックのような雰囲気だ。

 特設ステージでは、演説の合間に参加者を飽きさせないためコンサートやダンスが披露されるのがお決まりとなっている。

 集会への参加者は既に数万人に膨らんでいるが、今のところ政権を変えるほどの勢いには至らないというのが大方の見方だ。だが最後まで何が起きるか分からないのがこの国で、軍とカトリック教会の動向には注目が集まっている。

 もはやフィリピンの名物と化しているピープルパワーだが、最近の世論調査によれば、「反政府集会を支持する」との答えが69%に達したのに対し、実際に「集会に参加したい」と答えたのはわずか16%と、国民の民衆革命離れも浮き彫りとなっている。

 これが民主主義の成熟なのか、それとも腐敗政治に対するあきらめなのか判断は難しいところだが、国民意識の変化が読み取れる。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:28│Comments(0)TrackBack(2)アジア 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 変化するピープルパワー  [ フィリピン・クリップ ]   2008年03月06日 08:59
このところフィリピンでは、汚職問題に端を発するアロヨ大統領への辞任要求が盛り上がりを見せ、抗議デモが繰り返されている。
2. 最近公務員とか体制側に従事する人の事件が・・・  [ グリーン・スタイル ]   2008年07月15日 11:16
いつもあるって言えば否定できないんだけどここ最近特に多い気がするんだけどどうなんだろなんか日本史で勉強した田沼意次の時代ってのを身をもって知る時代みたいな感じなんだけどいつでもどこでも聞く話って言えば中国でもフィリピン↓でもさうらしいね『変化するピープル...

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ