2008年03月31日

ローン地獄

ロシアから

 原油価格の暴騰でオイルマネーが洪水のように流れ込んでいるロシア。楽して金がもうかるので、消費ブームがすさまじい。ロシアは今、「超物欲」の時代を迎えている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 「あれが欲しい、これも欲しい、さらにあれも欲しい……」

 物欲はいつしか人のコントロールを超え、逆に人を支配するようになる。

 とはいえ、いくら給料が上がっても、即座に買えないものもある。すると物欲はささやく。

 「ローンで買えばいいじゃん!」

 そして人々は、笑えない「ローン地獄」にはまっていくのだ。

 エカテリンブルクのセルゲイさん(35)は、タクシーの運転手。奥さんのイリーナさん(30)は、ここしばらく物欲の権化と化していた。イリーナさんは言う。

 「あなたタクシー運転手のくせにどうして自家用車がないのよ。車がないなんて、恥ずかしくて外を歩けないわ!」
 セルゲイさんは、やむを得ずローンでドイツのMB社の車を買った。

 願望を成就させたイリーナさんは、さらにプレッシャーを掛ける。

 「私の友達は皆アパートを持っているわ。どうして私たちだけ借家に住んでいるのよ。答えは、あなたに甲斐(かい)性がないからよ!」

 セルゲイさんは、やむを得ずローンで高級アパートを買った。

 今の仕事だけでは返済ができないことも分かっていて、彼は仕事を三つ掛け持ちすることになった。ローンを返すためだけに、朝から晩まで馬車馬のように働く。

 しかし、一日二十時間働いても、どうしても返済額に追いつかないことが分かった。セルゲイさんは半年後、奥さんと幼い娘、そして莫大(ばくだい)な借金を残して自殺した。夫と死に別れたイリーナさん。結局買ったばかりの家も車も失った。
 恐れるべきは、見栄と物欲である。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:37│Comments(1)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by karu   2008年04月05日 21:28
セ、セルゲイさ~ん。そんな鬼嫁のぎせいになっちゃって、、、。合掌。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ