2008年04月24日

ネットの個人情報被害

韓国にて

 韓国ではつい最近、大きなハッキング事故が起こった。韓国最大のネットオークションサイトで、問い合わせメールを通じたハッキングによって個人情報が流出したのだ。流出した個人情報も半端ではなく、千八十一万人にも及んだ。これはこのオークション登録者の約60%にも及ぶ数字で、これまでの個人情報流出の最大件数で大騒ぎになっている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 このオークションは、韓国人の三人に一人が利用しているほどのサイトだが、今回の流出被害は深刻だという。各フォーラムなどではオークションに対して集団訴訟を起こすという動きもあるようだ。

 また同時期、私の知り合いの勤めている有名学習サイトも中国からのハッキングに遭い、担当者は非常事態だった。そこにはハッキングをやめる代わりに三千万ウォン送金をしろとの脅迫メールまで届いていたという。そのためその会社では、海外の進入ルートをすべて遮断し、夜を徹してセキュリティーの補完対策を行った。

 このようなハッキング事故は韓国ではたまに起こるが、よくハッキングしてくる国家の50%は中国だということが韓国の調査機関の調べで判明している。

 北京五輪の聖火妨害や毒入りぎょうざなどが報道され、韓国でもかなり中国のイメージは悪くなっているが、こうしたハッキング事故はますますイメージ悪化へ拍車をかける感じになっているようだ。


(Netseoul・仁川市在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51043553